ホスピタルアート

ホーム › ホスピタルアート

高松赤十字病院ではホスピタルアートが見れます!

高松赤十字病院ではホスピタルアートが見られます!

高松赤十字病院では患者さんやそのご家族に少しでも安らぎを感じてもらおうと、世界的に著名な銅版画家 山本容子さんに製作を依頼しました。
病院西玄関通路に縦2.2m、横6.4mと巨大なアクリル壁画で、タイトルはフランスのプーランク作曲の歌曲名でもある「愛の小径」。薄いオレンジ色を基調とした色合いに同曲の音符や歌詞、瀬戸内海の島々や県木であるオリーブ、そして海へと続く小径を眺める女性が描かれています。
山本さんは新たなライフワークとして近年、ホスピタルアートを手がけています。すべての人が立ち入れる場所に作品を飾るのは高松赤十字病院が初めてです。
壁画を眺める人々が前向きになり、暖かみあふれる場所になればとの想いを込めて作られた作品です。皆様、ぜひご覧になってください。

ホスピタルアート

ホスピタルアート

ホスピタルアート

山本容子さんのプロフィール

世界的に活躍している銅版画家。ホスピタルアートの推進者。エッセイスト。吉本ばななさんの小説「TUGUMI」の表紙絵の制作など書籍の装丁。ネスカフェ・ゴールドブレンドのCM出演、ベストジーニスト受賞、NHKラジオ深夜便「ミッドナイトトーク」へのレギュラー出演など、活躍の分野は多方面に及んでいます。

山本容子 「愛の小径」

山本容子さんによる制作にまつわるエピソードが視聴できます。

このページの先頭へ