病院概要

ホーム病院概要部門紹介 › 栄養課

栄養課

栄養課へようこそ

栄養課へようこそ はじめまして、栄養課のご案内をさせていただきます管理栄養士の日赤ヘルシーです。

当院の栄養課では、調理師・管理栄養士・事務の赤十字職員が、『安全でおいしい健康食』を目標に入院患者さんの治療食を提供する『食事療養』と、食事療法のご相談にお答えする『栄養相談』という2つの仕事を主にさせていただいております。

普段、見ることのできない栄養課へご案内いたします。

食事療養・厨房内部探検ツアー

本館地下1階に厨房があり、衛生上職員と言えども検便検査をしていなければ入室できない知られざる場所です。

『安全でおいしい健康食!』を目標に、入院患者さんのお食事を赤十字の調理師が責任を持って365日調理させていただいております。

厨房は電磁調理器などを導入した電化厨房で、食中毒予防を実現する為に随所に工夫を施しています。

お食事は、少しでも美味しく召し上がっていただける様、彩り豊かな食器を使用し、温かい物は温かく冷たい物は冷たく提供する為に温冷配膳車を用いて病棟にお届けしています。食材は可能な限り新鮮な生の食材を使ってその日の食事時間直前に調理しております。また、患者さんの生活習慣病予防のために、不足しがちな野菜をふんだんに使い、塩分のとり過ぎに配慮し天然だしを活用して調味致しております。

これらの活動に対し、香川県で4番目に厚生大臣表彰を賜り、より一層の努力をせねばとスタッフ一同身の引き締まる思いです。

季節のメッセージやお食事について、患者さんから温かい励ましのお手紙・イラスト等たくさんお寄せいただいておりますことを、心よりお礼申し上げます。

食事療養・厨房内部

食事療養・厨房内部

食事療養・厨房内部

食事療養・厨房内部

食事療養・厨房内部

栄養相談・管理栄養士のお仕事

管理栄養士は、食と栄養すべてに関わりを持つ職種です。病院では主に食事療養のための献立に関わることや、栄養相談・栄養教室・NSTなど院内様々な医療スタッフと協力してチーム医療に参加しています。

栄養相談は、糖尿病、脂質異常症、高血圧、腎臓病、肝臓病、肥満、貧血など食と関わりの深い疾病の食事療法はもとより、消化器の手術後、嚥下訓練、妊娠、離乳、アレルギー、下痢、便秘等、食に関わるどの分野でも承りますので、お気軽に主治医にご相談ください。

また、世界糖尿病デーや世界腎臓デー等のイベントや地域活動の応援、人間ドックなどで生活習慣病予防のための栄養教室をさせていただいております。地域の皆様に、『食』を通して病気の予防から健康維持まで一貫してお役に立てるよう今後も精進して参ります。

皆様のより良い食生活とご健康を、心よりお祈り申し上げます。

栄養相談・管理栄養士のお仕事

クイズで学ぶ/食で生活習慣病を予防しよう!

日赤ヘルシーのクイズで学ぶ/食で生活習慣病を予防しよう!コーナー 〜Vol.45〜

クイズ!次のうち、食物繊維が多い野菜はどれでしょう?〈A〉トマト 〈B〉キャベツ〈C〉ゴボウ 正解は・・・<C>ゴボウ 食物繊維 食物繊維量 〈A〉0.7g〈B〉約1.3g 〈C〉4g 腸内での食物繊維の働き 水溶性食物繊維 糖質の吸収をゆるやかにする。 余分なコレステロールの吸収を抑制する。 善玉菌のエサとなり、酢酸・酪酸など生成して腸内環境を整える。 不溶性食物繊維 水分を吸収し、かさを増して腸のぜん動運動を活性化させ、お通じを促す。食物繊維を豊富に含んでいる、根菜類やきのこ類、海藻類を積極的にとり入れましょう!

日赤ヘルシーの人気メニュー・レシピ紹介コーナー 〜Vol.45〜

炒り鶏

根菜類をたっぷり取り入れた、食物繊維がしっかりとれる一品です。

炒り鶏 1人分 エネルギー:240kcal 食物繊維 5.5g

材料 1人分

  • 鶏もも肉 40g
  • こんにゃく 40g
  • れんこん 30g
  • ごぼう 30g
  • にんじん 20g
  • 干し椎茸 4g
  • さやえんどう 3g
  • ごま油 7g
  • 砂糖 5g
  • みりん 3g
  • 醤油 10g
  • だし汁 50ml

作り方

  1. 鶏肉、こんにゃく、れんこん、ごぼう、にんじんは1口大に切る。干し椎茸は水でもどして1口大に切る。さやえんどうは1度茹で、冷やし、斜めに細かく切る。
  2. 鍋を熱してごま油を入れる。強火で鶏肉を炒める。
  3. 鶏肉を取り出し、こんにゃく、れんこん、ごぼうを炒める。
  4. にんじん、もどした干し椎茸を加えて炒めて、だし汁を加えて落し蓋をして煮る。
  5. 砂糖、みりんを加えて3分煮込み、しょうゆを加える。
  6. 鶏肉を5の鍋にもどして、煮汁がほとんどなくなるまで炒りあげる。
  7. 器に6を盛り付け、さやえんどうを飾る。

ポイント

  • 固い食材が食べにくい場合は、里芋や大根、かぶなどの食材に変えてもおいしくできます。
  • ごぼうやにんじんなどの根菜やきのこなど、よく嚙んで食べる食品は食べすぎを防ぎ、満腹感を得やすくなります。

このページの先頭へ