新着情報

重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染者の発生について(第2報)

新型コロナウイルス感染者の発生について (第2報) 

 9月14日に当院の看護師(C)1名が新たに新型コロナウイルスに感染していることが判明しましたのでご報告いたします。当該看護師Cは第1報で報告した看護師A、Bと同じ病棟で、同じ時期に、個人防護具を使用して陰圧室内で同じ新型コロナウイルス感染症患者さんの看護に当たっておりました。看護師Cが感染した時期は看護師A、Bと同じ時期であると判断しています。
 3人の看護師がガイドラインに沿った個人防護具を使用していたにもかかわらず感染してしまったことについては、今後保健所や関係医療機関にも助言を仰ぎ、対応策を講じていく所存です。繰り返しになりますが、厳重に隔離管理された場所で生じた事例なので他の患者さんへの影響はありません。当院への外来や入院患者さんには通常通り、診療を行わせていただきます。当該病棟で患者さんに関わった他の病院職員につきましては、保健所の指導やガイドラインに基づき、適宜抗原検査を実施しながら待機の措置をとっております。引き続き別紙のとおり感染予防策を一層徹底し、万全を期してまいります。
 今後とも、地域の医療ニーズに応え、患者さんが安心して診療をうけていただけますよう、職員一丸となって取り組んでまいりますので、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。



                                    高松赤十字病院 院長 西村和修