診療科紹介

ホーム診療科紹介 › 眼科

眼科

スタッフ紹介

スタッフ名 専門分野 認定医・専門医等
部長
齋藤 了一
眼科一般、緑内障

日本眼科学会専門医

非常勤医師1名
視能訓練士3名
看護師2名
外来クラーク3名
   

概要

眼科領域疾患において、最新の情報、手技を用いて最善の医療を行っております。外来診療では、患者さんの症状を角膜、水晶体、硝子体、網膜、網膜血管、視神経等の問題点に分析し、患者さん自身に症状を理解していただけるような説明を心掛けております。

午前中一般外来の担当医師

午前中一般外来の担当医師についてはこちらをご覧ください。

午後は特殊外来(斜視・弱視外来、未熟児網膜症外来)を行っております。また、火曜、金曜の午後は手術日となっております。
受け付け:平日午前11時まで

高松赤十字病院眼科診療の御案内

特色

現在眼科の外来は月曜、水曜、木曜、金曜は2診制を取っております。火曜日は1診制で、火・金の手術日は午前中から手術を行っております。
3名の視能訓練士、2名の看護師、3名の外来クラークの計8名のパラメデイカルのサポートを受け外来診療を行っています。

外来の器械はICG検査も可能なトプコンTRC-50IX眼底カメラとニデックNAVIS-HP眼底カメラ画像ファイリングシステム、カールツァイスのHFAII750型の静的視野計、アルコンのアイマップ角膜形状解析装置、クレメントクラークシノプトフォア2001、トプコン3D OCT2000等を備え、斜視弱視から、角膜疾患、緑内障、黄班疾患等の網膜硝子体疾患まで幅広い眼科疾患の診療が可能となっています。

中央手術室での手術はカールツアイス社のルメラT眼科手術用顕微鏡、コンステレーション眼科手術システム、と日本でもトップクラスの機器を備えております。県内一般総合病院では最多の、年間約700件の手術を行っております。昨年は白内障手術が約600件、緑内障手術が年間約30件、網膜硝子体手術の患者が約30件を施術しました。
昨年度の網膜剥離の復位率は100%、黄班円孔の閉鎖率は100%でした。

現在の眼科部長の専門が緑内障ということもあり、他県からの緑内障患者の紹介も受けており、緑内障手術は線維柱帯切除術、下方からの線維柱帯切開術と非穿孔性線維柱帯切除術の同時手術を主体として行い、あらゆるタイプの緑内障治療にも対応できる体制をとっています。

このページの先頭へ