診療科紹介

ホーム診療科紹介 › 耳鼻いんこう科

耳鼻いんこう科

スタッフ紹介

スタッフ名 認定医・専門医等
耳鼻咽喉科部長
森 敏裕
日本気管食道科学会専門医
日本耳鼻咽喉科学会専門医
耳鼻咽喉科副部長
能田 淳平
日本耳鼻咽喉科学会専門医・専門研修指導医
修練医
宮地 祥多
 
修練医
西岡 恵美
 

学会認定施設

  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
  • 日本気管食道科学会認定気管食道科専門医研修施設(咽喉系)

概要

耳鼻いんこう科、頭頚部外科領域の疾患全般を扱っていますが、特に手術に重点を置いています。耳、鼻、のど(咽頭、喉頭)の疾患の治療の他に頭頚部外科と呼ばれる領域の手術を行っています。(頭頚部外科とは頸から上で、眼、脳、脊椎を除いた領域を指します)

耳疾患

慢性中耳炎に対しては聴力改善を目的とする鼓室形成術を行っています。

鼻・副鼻腔疾患

副鼻腔炎の治療としては侵襲の小さい内視鏡手術を行っています。

口腔・咽頭疾患

扁桃炎を繰り返す例には扁桃摘出術を行います。耳下腺、顎下腺など唾液腺疾患の治療を行っています。

喉頭疾患

喉頭の良性疾患による嗄声(声がれ)に対しては音声外科と呼ばれる声の改善を目的とした手術を行なっています。喉頭ポリープ、声帯結節症例に対しては、内視鏡下に顕微鏡を用いる喉頭微細手術を行っています。声帯麻痺による嗄声(声がれ)症例に対しては音声改善を目的とする喉頭枠組手術(甲状軟骨形成術、披裂軟骨内転術)を行っています。

頭頚部腫瘍

喉頭癌早期例には放射線治療を行い、音声機能を保つようにしています。放射線治療後の再発例でも可能な限り音声機能を残すために喉頭部分切除術を行っています。
甲状腺腫瘍の手術を行いますが、腫瘍の浸潤により術前から反回神経麻痺のある例や術後に反回神経麻痺をきたした例では、音声外科手術を行っています。

その他

嚥下障害、顔面外傷、外傷性気道狭窄の治療なども行っています。

このページの先頭へ