診療科紹介

ホーム診療科紹介 › 循環器内科

循環器内科

スタッフ紹介

スタッフ名 専門分野 所属学会・学会認定医・専門医等
第1循環器科部長
松原 一志
循環器全般
心血管インターベンション
(PCI)
日本心臓病学会
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション学会認定医・
名誉専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会スポーツドクター
第2循環器科部長
(兼)高度心不全治療部長
外山 裕子
循環器全般、PCI、
ペースメーカー

日本心臓病学会
日本不整脈学会
日本超音波学会
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション学会認定医
日本医師会認定産業医
ICD/CRT研修修了医

第3循環器科部長
(兼)総合血管治療センター副センター長
末澤 知聡
循環器全般・PCI・心不全 日本糖尿病学会
日本不整脈学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション学会専門医
第1循環器科副部長
多田 典弘
循環器全般・高血圧・心不全 日本心臓病学会
日本高血圧学会
日本超音波学会
日本不整脈学会
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本フットケア学会認定フットケア指導士
第2循環器科副部長
瀧波 裕之
循環器内科 日本内科学会認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会認定医・専門医
日本医師会認定産業医
日本循環器学会専門医
第3循環器科副部長
寒川 睦子
循環器内科、集中治療、不整脈 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本集中治療医学会専門医
日本不整脈心電学会
日本救急医学会
日本リハビリテーション医学会
日本内科学会JMECCコースディレクター
日本内科学会JMECCインストラクター
日本救急医学会ICLSコースディレクター
日本救急医学会ICLSインストラクター
アメリカ心臓協会AHA ACLSインストラクター
アメリカ心臓協会AHA BLSインストラクター
ヘルスフードカウンセラー 1級、2級、3級
第3循環器科副部長
宮崎 晋一郎
循環器全般・SHD 日本超音波医学会
日本心エコー図学会
日本心不全学会
日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本心血管インターベンション学会専門医
SHD心エコー認定医
経カテーテル的大動脈弁置換術関連学会協議会 経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR) 指導医
第3循環器科副部長
津島 翔
循環器科、不整脈 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
医師
萬谷 薫
循環器内科 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
香川大学医学部附属病院病院卒後臨床研修指導医養成講習会 受講
医師
石原 優
循環器全般・不整脈(アブレーション・ペースメーカー) 日本循環器学会
日本不整脈学会
日本超音波学会
日本心不全学会
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心臓リハビリテーション学会指導士
医師
山田 桂嗣
循環器 日本循環器学会
日本心エコー図学会
日本救急医学会
日本感染症学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
SHD心エコー認証医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
日本周術期経食道心エコー認定医
日本超音波医学会超音波専門医
修練医
谷 良介
循環器
非常勤医師
石澤 真
不整脈(アブレーション) 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本不整脈学会専門医
非常勤医師
田原 達哉
循環器全般・心エコー 日本心臓病学会
日本不整脈学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本超音波医学会超音波専門医

概要

循環器疾患は心筋梗塞、狭心症などの緊急救命治療を要する疾患から、高血圧や不整脈、慢性心不全や閉塞性動脈硬化症などの慢性疾患があり、救急治療と慢性治療を要す分野になります。24時間救急を行うためのオンコール体制と新規患者対応として月から金曜日連日循環器新患外来を設置しており迅速な対応に努めています。安全で良質な専門医療を提供するために、24時間体制での救急医療を推進するとともに、地域医療機関との連携を深めかかりつけ医の先生方と一緒に循環器疾患の治療をめざしています。

狭心症、心筋梗塞といった虚血性心疾患については、運動負荷心電図や心エコー、心筋シンチなどによる検査や、2006年より64列multi detector-low CT導入にてCTによる非侵襲的検査を行っています。心臓カテーテル検査が必要な場合も低侵襲手技に努めており、可能な限り手首からのアプローチで検査と治療を行っています。2006年より外来での日帰りカテーテル検査も開始しました。全国的にカテーテル治療は若干減少傾向にありますが、まだまだ香川県では増加の一途をたどっております。当院では1997年4月よりPCIを開始しており、長年の経験と実績を生かし安全で質の高いカテーテル検査と治療に努めています。また2014年5月より心臓カテーテル室を増設して救急医療への対応充実を図っています。

高齢化社会となり心不全治療が増加しています。心不全治療としては、薬物治療に加え睡眠時無呼吸検査による夜間の低酸素や無呼吸を検査し、適応のある方には呼吸補助装置や在宅酸素療法を行っています。また、当院では心臓大血管疾患リハビリ施設基準を取得し2008年より心臓リハビリテーションを開始して心不全治療に役立てています。急性心筋梗塞などの虚血性心疾患や弁膜症、心筋症などの心不全患者における体力低下を是正して運動耐容能を向上させ、社会復帰を目指すとともに、二次予防効果、日常生活の質の改善、長期予後の改善が期待されます。

不整脈治療においては薬物治療や電気生理検査、ペースメーカー植え込みに加え、致死的な不整脈による突然死予防のための植込み型除細動器(ICD)や、重症心不全治療としての両心室ペーシング(心臓再同期療法CRT)についても2007年に施設認定を取得しており積極的に取り組んでおります。高齢化社会となりペースメーカー植え込み件数も増加していますが、CRT治療は最近有効性が明らかとなり全国的にも増加しており、当院にても植え込み件数が増加しています。

当院の特色は県下最大級の病床をもつ総合病院であり、かつ救急対応可能な心臓血管外科が併設されていることから、合併症の多い病態やリスクの高い重症患者への対応が使命であると考えております。循環器疾患は一度発症すると一生付き合っていかなければならない油断できない疾患ではありますが、治療によっては健康を取り戻すことが可能な疾患でもあり、患者さんの将来を見据えた専門的な検査、治療を行っていきます。

四国新聞で紹介されました。


四国新聞 2017年(平成29年)11月3日付け
※記事上をクリックすると大きく表示されます。


四国新聞 2016年(平成28年)2月12日付け
※記事上をクリックすると大きく表示されます。

このページの先頭へ