診療科紹介

ホーム診療科紹介 › 小児外科

小児外科

治療方針

日本小児外科学会は、「小児外科専門医」とは「子どもを安心して預けることができる外科医」としています。小児特有の生理状態や未熟な臓器機能に配慮した周術期管理、手術時期の年齢の考慮,術後の長い成長・発育に耐えられる手術法,より緻密で正確な手術手技が求められます。
将来を担うこども達の生命を守ることを大前提に、身体的・精神的な成長においても出来る限りハンディキャップを残さないため、確実で安全な治療を心がけています。

小児外科で治療する主な病気

このページの先頭へ