研修実施責任者あいさつ

研修管理委員長(西村副院長)のあいさつ

研修管理委員長(西村副院長)当院の初期研修プログラムで目指すことは、優れた臨床医を育てることです。それには早いうちに臨床訓練をすることが大切です。臨床訓練とは、多くの患者に接すること、手術の処置や基本的技術を身につけることです。それにより、次のステップ(専門的知識、技術レベルアップ)につながり、自信にもなります。

そこで、指導ではできるだけ患者の元へ足を運ぶこと、多くの処置、技術習得に努めることをモットーとしています。また、社会人1年生として、常識(日常会話、挨拶、接遇方法など)も身につける必要があり、これらも丁寧に指導しています。

良い医師、信頼される医師になることは自分の努力で可能です。あれこれ悩むより、自分の目標を決め、今できること、すぐにできることを一つ一つ習得、クリアしていきましょう。高松赤十字病院では、何事にも積極的に取り組むプラス思考の皆さんを歓迎します。