さぬきの健康と元気をサポートする高松日赤だより

なんがでっきょんな

くすりのはてな

ワクチンのお話


ワクチンって何?

ワクチンには①病原体であるウイルスや細菌が持っている病原性を弱めたもの(生ワクチン)、②病原性を無くした細菌やウイルスの一部(不活化ワクチン)、③細菌の産生する毒素からその毒性をなくしたもの(トキソイド)の3種類があります。これらのワクチンを注射したり飲んだりすることで、病原体と闘う力(免疫力)を備えておくことを「予防接種」といいます。

ワクチンって効果あるの?

ウイルスや細菌に対する免疫力が一度つけば、多くの場合、その病原体による病気には二度とかからないとされています(免疫力がつくまでに何度か予防接種が必要な場合があります)。ただし例外として、インフルエンザウイルスのように性質が少しずつ変化していく病原体については、予防接種が毎年必要になる場合があります。また、子どものときに予防接種で得られた免疫力が徐々に低くなり、大人になってかかる場合もわずかですがあります。

ワクチンによる悪影響が心配です。

予防接種を受けた後は「副反応」と呼ばれる症状が出る場合があります。例としては、熱が出る、注射した部位がはれるなどです。しかし、副反応はほとんどの場合2~3日で自然におさまります。「副反応がこわいから予防接種を受けたくない」と思う方もいらっしゃいますが、そのほとんどが一時的な症状で、本当にかかった場合に比べると軽く、重い副反応が出ることはきわめてまれです。もし、副反応が出たと思ったときは、医師にご相談ください。生ワクチンでは3週間、不活化ワクチンでは24時間は副反応の出現に注意してください。

予防接種が受けられない場合はある?

37.5度以上の発熱が出た場合や、急性の重い病気にかかった場合、ワクチンに含まれる成分にアレルギーがある場合、治療中の病気や使っている薬などを理由に医師が予防接種をすべきでないと判断した場合は、予防接種は受けられません。また、妊娠中の女性は生ワクチンの接種は受けられません(不活化ワクチン、トキソイドは可能です)。持病がある方でも、予防接種を受けられる場合はありますので、希望する予防接種があれば医師に相談してください。


表紙

なんがでっきょんな

vol.55

最新号

「高松日赤だより なんがでっきょんな」は、患者の皆さんに高松赤十字病院のことを知っていただくために、季刊発行する広報誌です。季節に合わせた特集や役立つ情報を掲載いたします。冊子版は、高松赤十字病院の本館1階の③番窓口前に設置していますので、ご自由にお持ち帰りください。

Take Free!

Columnvol.55の表紙のひと

正面から見た高松赤十字病院 ~編集後記~

今回の表紙は、いつもの雰囲気を変えて当院の外観をイラスト風に仕上げてみました。病院の前では多くのひとが行き交い、市街地中心部に構える様子が伝わってくる出来映えになったかと思います。ぜひ、ご意見をお聞かせください! 令和2年12月時点、新型コロナウイルスは第3波の様相を呈しています。特集では当院における感染対策と、気になるコロナとインフルエンザの違いをお伝えしています。この記事を目にすることで心配なく当院に受診していただき、そして、両ウイルスの感染を防ぐためのお役に立つことを望んでおります。 また、前号に引き続いて、本館北タワーの紹介をまんがで掲載しました。現在、コロナ対策のため、面会制限を実施しております。ご家族でも病棟に立ち入ること出来ず、不安を感じてらっしゃる方も多いと思います。入院前、このまんがをご家庭で読みながら「このようなところに入院するんだね」とお話していただき、少しでも安心して治療に臨んでいただけると幸いです。 (広報委員会 事務局)