さぬきの健康と元気をサポートする高松日赤だより

なんがでっきょんな

働く人のことガンのこと

ナースのトップランナー 専門・認定看護師とつながろう Vol.4 慢性呼吸疾患看護・乳がん看護

慢性呼吸疾患看護認定看護師 (左)西村あけみ(右)寒川晃弓


高松赤十字病院には、慢性呼吸器疾患看護認定看護師が2名います。
慢性呼吸器疾患は、あまり聞きなれない言葉ですが、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や間質性肺炎、喘息などといった病気をいいます。これらの病気をお持ちの方は、普段の生活の中で息苦しさを感じることがあります。患者さんやご家族の方が、病気と上手に付き合いながら、住み慣れた自宅で、少しでも安楽にその人らしい生活を送ることができるように支援していくことが、私たちの役割です。
また、「禁煙外来」では、タバコがやめられない「ニコチン依存症」の方の禁煙治療にむけて、医師と看護師によるサポートを積極的に行っています。たばこをやめたい方は、この機会に禁煙に向けて一緒にチャレンジしてみませんか。

                           【禁煙外来】
                            外来日:毎週木曜日14時~16時30分
                               (受付時間:12時~15時)
                            場所:本館2階 外科外来


乳がん看護認定看護師 小國紗織


近年では乳がんにかかる人は女性11人に1人、よく耳にするがんの一つです。乳がんの特徴は40~50歳代の女性で、社会や家庭でも大切な役割を担っている年代でかかりやすく、手術や薬物治療の後も5年、10年と長い期間で付き合っていく必要があります。
乳がん看護認定看護師は、乳がん患者さんや家族の不安や迷い、治療の副作用などを専門的知識を基にそれぞれの患者さんの生活や思いに寄り添った支援を行う看護師です。
主に北7病棟や木曜日午後の乳腺外来で手術、薬物療法、ウイッグ(かつら)のことやリンパ浮腫のことなど、乳がん治療に関する情報や工夫、困りごと全般を患者さんとお話させてもらっています。「治療について迷っている気持ちの整理をしたい」「手術の方法をどうやって決めたらいいか分からない」「術後の胸はどうしたらいいか」など、お気軽にご相談ください。


表紙

なんがでっきょんな

vol.55

最新号

「高松日赤だより なんがでっきょんな」は、患者の皆さんに高松赤十字病院のことを知っていただくために、季刊発行する広報誌です。季節に合わせた特集や役立つ情報を掲載いたします。冊子版は、高松赤十字病院の本館1階の③番窓口前に設置していますので、ご自由にお持ち帰りください。

Take Free!

Columnvol.55の表紙のひと

正面から見た高松赤十字病院 ~編集後記~

今回の表紙は、いつもの雰囲気を変えて当院の外観をイラスト風に仕上げてみました。病院の前では多くのひとが行き交い、市街地中心部に構える様子が伝わってくる出来映えになったかと思います。ぜひ、ご意見をお聞かせください! 令和2年12月時点、新型コロナウイルスは第3波の様相を呈しています。特集では当院における感染対策と、気になるコロナとインフルエンザの違いをお伝えしています。この記事を目にすることで心配なく当院に受診していただき、そして、両ウイルスの感染を防ぐためのお役に立つことを望んでおります。 また、前号に引き続いて、本館北タワーの紹介をまんがで掲載しました。現在、コロナ対策のため、面会制限を実施しております。ご家族でも病棟に立ち入ること出来ず、不安を感じてらっしゃる方も多いと思います。入院前、このまんがをご家庭で読みながら「このようなところに入院するんだね」とお話していただき、少しでも安心して治療に臨んでいただけると幸いです。 (広報委員会 事務局)