さぬきの健康と元気をサポートする高松日赤だより

なんがでっきょんな

ガンのこと

2人に1人がかかる がんについて知っておきたいこと ~第8回~「健康食品などの補完代替医療」


「抗がん剤治療は副作用が心配。健康食品なら体に優しいと思う。」「家族や友人が熱心に勧めてくれるから断りにくい。」など、がんに効くという健康食品やサプリメントについて、お話を聞くことがよくあります。

1.実際に多くのがん患者さんが利用したり、興味を持ったりしています。

健康食品やサプリメント、鍼灸、マッサージ・整体など、現代西洋医学とは異なる施術・民間療法などは、「補完代替医療」と言われています。
ある調査によると、がん患者さんのうち45%の方が1種類以上の補完代替療法を利用していました。内容は健康食品・サプリメントが最も多く96%で、平均して月に5万7千円の出費でした。利用を検討したり興味を持っている方を含めると、がん患者さんの8割以上になるとの結果でした。

2.多くの方が利用している健康食品の効果は?

アガリスク、プロポリス、サメ軟骨、フコイダン、ビタミンCなど、多くの健康食品をがん患者さんが利用しています。欧米諸国を中心に臨床研究を行って健康食品の効果を検証する取り組みが始まっていますが、今のところがんの予防や治療、副作用の軽減などに関して、確実に有効性が証明された健康食品はありません。
また、「健康食品は、副作用がなく安全なもの」というイメージがあるかも知れませんが、健康食品による健康障害や他の薬の働きに影響を及ぼすという報告もあり、食品だから全く安全というわけではありません。

    
    
前回もお話しましたが、がんの治療の基本は手術、放射線治療、薬物療法です。これらの治療を受けずに「補完代替医療のみ」を受けることは非常に危険です。補完代替療法を利用する前に、まずは主治医や看護師、薬剤師、栄養士などに相談してみてください。何を目的に利用するのか、利点や欠点など十分に理解し、冷静に判断することが大切です。


表紙

なんがでっきょんな

vol.57

最新号

「高松日赤だより なんがでっきょんな」は、患者の皆さんに高松赤十字病院のことを知っていただくために、季刊発行する広報誌です。季節に合わせた特集や役立つ情報を掲載いたします。冊子版は、高松赤十字病院の本館1階の③番窓口前に設置していますので、ご自由にお持ち帰りください。

Take Free!

Columnvol.57の表紙のひと

令和3年4月 ヘリポート運用開始

当院本館北タワー屋上に設けているヘリポートを令和3年4月より運用しています。表紙の写真は、運用に向けた訓練の模様です。離島からのヘリ搬送は一旦、他の場外離発着場に着陸→救急車で当院に運ばれていました。ですが、当院ヘリポートへダイレクトに搬送されることにより移送時間が10分程度短縮可能となりました。運用開始後の1カ月半の期間、3回の緊急搬送を受け入れています。今後、ヘリポートを活用して更なる救急医療体制の向上と災害拠点病院としての機能拡充を目指し、県民のいのちと安全をより一層守っていきます。(広報委員会 事務局)