さぬきの健康と元気をサポートする高松日赤だより

なんがでっきょんな

病気・治療のこと

香川県初!婦人科良性疾患(子宮筋腫・子宮腺筋症)に対するロボット支援手術を開始しました


婦人科領域のロボット支援手術では、良性疾患(子宮筋腫、子宮腺筋症など)や子宮体癌に対する子宮全摘術が2018年4月から、さらに2020年4月からは骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱瘤など)に対する仙骨腟固定術が保険適用となりました。

腹部に8mm程度の小さな穴を開け、人間の目を超える高解像度3Dカメラと、人間の手の可動域を超える多関節ロボットアームを挿入し、手ぶれのない繊細で緻密な手術操作を行うロボット手術は、国内の婦人科領域でも適応が広がっています。

当院では泌尿器科、消化器外科、呼吸器外科がすでにロボット手術を導入しており1000例を超える手術実績があります。当科では香川県内の産婦人科としては初めて、婦人科良性疾患(子宮筋腫・子宮腺筋症)に対するロボット手術を導入致しました。


当科ではこれまでも積極的に腹腔鏡手術を導入し、身体への負担の少ない低侵襲手術を目指して参りました。ロボット手術は拡大視野下に行う繊細な操作で、思い描いた通りの動きを実現することが可能です。出血量の減少や入院期間の短縮など、患者さんにとって更なる低侵襲手術を提供できることが期待されます。骨盤臓器脱に対しても、当院泌尿器科と連携して積極的にロボット支援手術を導入しています。

婦人科領域におけるロボット手術に関しては、当科外来にてお気軽にご相談ください。



お問い合わせ先:産婦人科外来
(平日9:00~17:00)
TEL:087-831-7101(代表)


表紙

なんがでっきょんな

vol.60

最新号

「高松日赤だより なんがでっきょんな」は、患者の皆さんに高松赤十字病院のことを知っていただくために、季刊発行する広報誌です。季節に合わせた特集や役立つ情報を掲載いたします。冊子版は、高松赤十字病院の本館1階の③番窓口前に設置していますので、ご自由にお持ち帰りください。

Take Free!

Columnvol.60の表紙のひと

病院正面玄関