教育体制

トップページ教育体制

看護部の育成

高松赤十字病院看護部教育計画構造図専門職として自律した質の高い看護師を育てています。

当院では組織の一員として、赤十字の理念に基づいた看護を提供でき、赤十字事業の推進者となる看護師の育成を目指しています。
看護実践能力の到達目標をレベル別に明示し、教育計画も含めた看護実践能力の向上のための仕組み(キャリア開発ラダー)を用いて、各個人のライフスタイルに合わせ看護実践能力を自主的・計画的に開発していけるようにサポートしています。

赤十字の看護師の看護実践能力は、「臨床看護実践」「マネジメント」「教育・研究」「赤十字活動」で構成されています。当院ではこれらの能力を発揮するためには人間関係能力、言い換えればコミュニケーション能力が非常に重要と考えています。これらのことをイメージしやすいように表現したものが図1です。

当院では、これらの能力開発のため特色のある教育計画を企画しています。
具体的な教育計画については、レベル別研修プログラムをご覧下さい。

レベル別研修プログラム

このうち、「カウンセリング」研修についてはすでに30年余の歴史があり、当院看護師の基本的聴き方の習得に役立っていると考えています。今後、EBNに基づいた看護実践ができること、あらゆる場面を通して看護の立場から発言できるようプレゼンテーション能力を高めること、社会情勢や状況に応じた組織変革に参加していくこと、次世代を担う後輩を大切に育成していくこと、看護倫理に基づいた行為を実践することなどが、時代に要求されていることと考えています。これらの能力を開発していけるよう、必要に応じて研修プログラムを見直しています。

レベル 研修名
V (院外研修)
IV 組織論とアサーティブネス・ストレスマネジメント
III リーダーシップII・カウンセリングII・看護研究・私の看護観・家族看護・プリセプター・コーチング・看護ケア-私の得意な技術を教えます
看護倫理III・赤十字研修
II リーダーシップI・カウンセリングI・フィジカルアセスメントII・看護と診療報酬・看護倫理II・赤十字研修
I 新採用者研修・技術トレーニング・フィジカルアセスメントI・蘇生法看護過程I・診療情報と看護記録・患者満足と接遇・フォローアップ
看護倫理I・赤十字研修

キャリア開発ラダーにおける看護実践能力の段階別到達目標

当院の看護師は専門職として看護実践を通じて自己実現を目指していきます。
なお、キャリア開発ラダーのシステムは、他の赤十字医療施設とレベルの互換性があるのが特色といえます。

レベル 到達目標
V 病院単位で活動できる者
IV 看護部門単位で活動できる者
III 部署単位で活動できる者(リーダーシップ)
II 自律して看護活動ができる者(部署内)
I 指導や助言を得ながら看護活動ができる者

新人教育について

当院の新人看護職員研修プログラムは、キャリア開発ラダーとリンクさせた1年間の研修プログラムで展開しています。
また当院ではプリセプター制度を導入しており、新人1人に対して1人の先輩看護師(プリセプター)が一定期間マンツーマンで新人指導にあたります。そしてプリセプターだけでなく、プリセプター支援ナースを含め、スタッフ全員で新人の成長を支援します。

当院では看護大学や看護専門学校など、様々な基礎教育を背景に持つ新人が入職してきます。そのため基本的な看護技術トレーニングからスタートし、配属部署で戸惑うことなく看護実践できるようにしています。
そして看護技術の習得の後に受け持ち患者の看護、夜勤開始と1年間でプログラムを修了するよう計画しています。

新採用後1年のキャリア開発支援