先輩ナースの声

トップページ先輩ナースの声

先輩ナースからあなたへ

若手ナースからのメッセージ

先輩や同期に支えられ怒涛の1年を乗り越えることができました

中川 和香
本7看護師 中川 和香【2021年入職】

4月に新人看護師としての第一歩を踏み出し、はや1年が経ちました。脳外科病棟に配属となり、めまぐるしい毎日を送る中で、知識不足や経験不足を痛感し、悔し涙を流すこともありました。また看護師は責任のある仕事だと分かっていたつもりでしたが、自分の行動一つひとつが患者さんにとってリスクになるかもしれない、と思うとより責任を感じ、毎日が 緊張と不安でいっぱいでした。しかし、自分の考えを尊重しながら丁寧に指導してくださるプリセプターや先輩看護師はもちろん、お互いに声をかけ励ましあいながら学びを共有できる同期に恵まれ、怒涛の1年を乗り越えることができました。振り返ると本当に周囲の方に支えられた1年だったと感じます。
自分の目の前のことに精一杯で、常に見守ってもらっていた1年目。2年目からは後輩看護師も配属され、少しでも先輩らしい姿を見せられるように頑張りたいと思います。そして、一人の看護師として自信をもって病棟で働けるよう、この1年で学んだことを活かし、何事にも積極的に取り組んでいきたいと思います。

心細かった私も、今では先輩に相談しながら励んでいます

佐藤 良樂
手術室 佐藤 良樂【2021年入職】

私が手術室に配属されたばかりの頃、手術室看護師としてできる看護は何か考える日々でした。手術室看護師として働くことは就職するまで思い描いていた看護師像とは異なり、戸惑うことが多々ありました。そんな中、先輩方に「手術室の看護は術中だけじゃなくて、手術前から始まって、手術後まで続いてるんだよ。」と教えていただき、今では術前から術後まで継続した看護を意識して関わるようにしています。また、より良い看護を提供するために看護師間だけでなく他職種とのコミュニケーションをとり、些細なことでも気になったことについて話し、手術を安全に終了できるように心がけています。最初は同期がおらず、心細い気持ちで働いていましたが先輩方が温かく迎えてくださり、今では様々なことを相談しながら業務に励むことが出来ています。私も今後入職する後輩に優しく尊敬される先輩になれるよう日々努力したいと思います。

非常に実りある1年だったと胸を張って言えます

和田 菫
北7看護室 和田 菫【2021年入職】

コロナ禍で様々な制限がある中での看護師としてのスタートは不安でいっぱいでした。 患者さんとの関わり方すべてにおいて緊張の毎日の中、婦人科・乳腺外科を主科とする女性病棟に配属となりました。女性特有の疾患や思いを抱える患者さんと関わっていく中で、自分がかける一言や、立ち振る舞いなど一つひとつ考えながら看護をすることを意識してこの1年を過ごしてきました。
また主科だけでなく多種多様な疾患を抱える患者さんを受け持つ毎日は、常に新しい知識や経験を積み上げていく日々でとても大変でしたが、非常に実りある1年だったと胸を張って言えると思います。こう感じられるのも、1年間傍で見守りサポートしてくださったプリセプターの方々や、気にかけて優しく指導してくださった先輩方、同期の支えがあったからだと思います。まだまだ患者さんへの関わりや看護技術、知識や経験は未熟ですが、このような沢山の方々からの支えがある環境に感謝しながら、今後も患者さんに寄り添った看護ができるように日々精進していきたいです。

ベテランナースからのメッセージ

みんな、同じように悩んで成長してきました

長原 直美
長原 直美【2000年 入職】女性病棟勤務

新人看護師の皆さんが希望を抱いて、社会人として看護師として新しいことを一生懸命に学ぶ姿は、私自身も刺激を受けました。人の命を預かる看護と言う職業に、常に不安や緊張を感じていた自分の新人時代を思い出しました。緊張感の続く現場で仕事をしていると、学生時代に思い描いていたイメージとの違いから、リアリティショックに陥る新人さんも多いと思います。ですが、多くの先輩看護師も同じような経験をして成長してきました。決して一人ではなく、プリセプターをはじめ病棟スタッフが常に側で支え、フォローしています。新人さんが一歩一歩成長できるように、サポートしています。
4月には不安と緊張の表情だった新人さんが、だんだんと笑顔で自信に満ちた表情で患者さんと関わっている姿を見ると、とてもうれしく思います。新人さんと共に学び、看護の魅力や楽しさを語り合いながらお互いが成長できるような環境を作っていきたいと思います。

専門・認定看護師からメッセージ

専門・認定看護師とは

あなたの“学びたい”を応援します

専門・認定看護師からメッセージ

当院には2領域2名の専門看護師と16領域28名の認定看護師が在籍しています。
新人看護師の皆さんは、最初にフィジカルアセスメント研修で演習を交えたバイタルサインの測り方や、アセスメントを基礎からじっくりと学ぶ機会があります。そのほか、感染対策、スキンケア・褥瘡予防、蘇生法、心電図、化学療法、終末期看護といった専門性の高い研修などいろいろな場面で、専門・認定看護師が講師となり講義や演習を行っています。皆さんが専門性のある知識を身につけ、患者さんを多角的にアセスメントする力が養えるようサポートします。

あなたの”やりたい看護”を応援します

専門・認定看護師からメッセージ

ほとんどの部署に専門・認定看護師が配属されていますので、日々の看護やケアで困ったり悩んだりした時には、気軽に相談することができます。また、専門・認定看護師会では各分野の最新トピックス等をテーマにランチョンセミナーを開催しています。目の前の患者さんに”より良い看護を提供したい”と思うあなたのリソースナースとして、専門・認定看護師は皆さんをサポートします。どんどん私たちを活用してください。