さぬきの健康と元気をサポートする高松日赤だより

なんがでっきょんな

くすりのはてな

アナフィラキシーってなに?


アナフィラキシーとは、「アレルギーの原因物質(アレルゲン)に接触したり、体内に摂取したりした後、数分から数十分以内の短時間に全身に現れる激しい急性のアレルギー反応」を言います。さらに、血圧が低下し意識障害(呼びかけに反応しない)や脱力を来すような場合をアナフィラキシーショックと呼び、すぐに対応しないと生命に関わる危険な状態になることがあります。

アナフィラキシーの代表的な症状

・全身症状(冷や汗、脱力感、しびれ、めまい)
・皮膚・粘膜症状(かゆみ、赤くなる、じんましん、まぶたや口の中の腫れ)
・呼吸器症状(鼻がつまる、くしゃみや咳、呼吸困難、ゼーゼー、ヒューヒューとなる)
・循環器症状(動悸、胸が苦しくなる、血圧低下、意識障害、唇や爪が青白い)
・持続する消化器症状(吐き気、嘔吐、腹痛、下痢)


最も多く見られる誘因(アレルゲン)は、食物、ハチや蟻などの昆虫の毒、薬剤であると言われています。特に薬剤では、抗菌薬、解熱鎮痛剤、抗悪性腫瘍薬、検査に使われる造影剤や局所麻酔薬などが原因となる傾向があります。
お薬を飲んだ後、アレルギーかもしれないと思ったら、そのお薬の名前を「お薬手帳」の副作用歴等に記録しておき、次に病院を受診した際にそのことを医師や薬剤師に伝えましょう。

もしもアナフィラキシーが起こったら直ちに救急車で医療機関に行ってください。救急車が到着するまでの間、症状の進行を一時的に緩和し、アナフィラキシーショックを防ぐための補助治療薬として、アドレナリン自己注射液(エピペン®)があります。アドレナリンは、気管支を広げたり、血管を収縮させたりして呼吸困難や血圧低下等のアナフィラキシー症状を改善させます。今までにアナフィラキシーを繰り返し起こしている場合や微量のアレルゲンでアナフィラキシーが誘発される場合など、アナフィラキシーの発現リスクが高い方は、かかりつけ医等に相談しましょう。

最近では、新型コロナウイルスワクチンによるアナフィラキシー等の重度の副反応が報告されています。アナフィラキシーは、ほとんどが接種後数分ないし十数分以内に現れるため、接種後少なくとも15分間、過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を引き起こしたことがある方は、接種後30分程度は接種会場で状態の確認をする必要があります。気になる方は、接種前にかかりつけ医に相談しましょう。


表紙

なんがでっきょんな

vol.57

最新号

「高松日赤だより なんがでっきょんな」は、患者の皆さんに高松赤十字病院のことを知っていただくために、季刊発行する広報誌です。季節に合わせた特集や役立つ情報を掲載いたします。冊子版は、高松赤十字病院の本館1階の③番窓口前に設置していますので、ご自由にお持ち帰りください。

Take Free!

Columnvol.57の表紙のひと

令和3年4月 ヘリポート運用開始

当院本館北タワー屋上に設けているヘリポートを令和3年4月より運用しています。表紙の写真は、運用に向けた訓練の模様です。離島からのヘリ搬送は一旦、他の場外離発着場に着陸→救急車で当院に運ばれていました。ですが、当院ヘリポートへダイレクトに搬送されることにより移送時間が10分程度短縮可能となりました。運用開始後の1カ月半の期間、3回の緊急搬送を受け入れています。今後、ヘリポートを活用して更なる救急医療体制の向上と災害拠点病院としての機能拡充を目指し、県民のいのちと安全をより一層守っていきます。(広報委員会 事務局)