さぬきの健康と元気をサポートする高松日赤だより

なんがでっきょんな

働く人のこと病院のこと

高松赤十字病院のトップランナーナースたち カテーテル治療をより快適に インターベンション エキスパートナース

最良のIVRを患者さんに提供することを目指す

IVRとは「画像下治療」と訳され、X線透視やCTなどの画像診断をもとに、カテーテルや針を使用して行う治療です。高精度の血管撮影装置の導入により、がんや全身の血管疾患をはじめ、さまざまな病気に対し低侵襲治療ができるようになりました。当院で2020年に行ったカテーテル治療・検査は2200件を超え、県内でも症例の多い医療機関と言えます。
インターベンションエキスパート(INE)ナースは、こうしたIVRの現場で、患者さんが安心・安全・安楽に治療を受けられるようサポートする看護師たち。IVR学会とCVIT学会の合同認定で2012年にスタートした看護師専門制度で、当院では現在4人が認定を受け、救急外来スタッフとして24時間の患者受入体制に取り組んでいます。

快適な環境づくりと先を読むサポート力


患者さんの要望を丁寧に聞き取り

INEナースたちは、施術前日に患者さんへの説明を行います。さまざまな項目をチェックしつつ、患者さんの要望や不安な気持ちを受け止めるのも重要な仕事。そこで聞き取った情報は、カンファレンスでチームとも共有し、寒がりの人には毛布を提供、暑がりの人には室温調整、腰痛や首・肩の痛みがある人には楽なポジショニングを考え、時には耳あたりのいい音楽をかけるなど、一人一人に合わせてカテーテル室の環境を整えます。


    
カテーテル室ではスタッフがプロテクターやゴーグルを装着していて、患者さんにとってはちょっと異様な雰囲気。緊張は血管収縮などの身体反応にもつながってしまうため、入室時には必ず自己紹介し、タイミングを見図った言葉がけなど患者さんがリラックスできるよう努めます。
  
  


医師と患者さんの双方をサポート

合併症や副作用に対する予防や早期発見、対処法を熟知し、機材や緊急薬品を準備。X線を使う画像下治療は医療者もリスクがあるため、正しい被ばく防護知識も欠かせません。施術翌日は患者さんの声を聞き、看護の振り返りを行っています。
「カテーテル室では、患者さんの一番の理解者でありたい」と、INEナース認定看護師の清水美代子看護係長。「今まで至らなかったことにも気づき、視野が広がりました。学んだことを勉強会などでスタッフみんなと共有して、『日赤で治療してよかった』と思われるような質の高い看護を実践していきます」。





表紙

なんがでっきょんな

vol.57

最新号

「高松日赤だより なんがでっきょんな」は、患者の皆さんに高松赤十字病院のことを知っていただくために、季刊発行する広報誌です。季節に合わせた特集や役立つ情報を掲載いたします。冊子版は、高松赤十字病院の本館1階の③番窓口前に設置していますので、ご自由にお持ち帰りください。

Take Free!

Columnvol.57の表紙のひと

令和3年4月 ヘリポート運用開始

当院本館北タワー屋上に設けているヘリポートを令和3年4月より運用しています。表紙の写真は、運用に向けた訓練の模様です。離島からのヘリ搬送は一旦、他の場外離発着場に着陸→救急車で当院に運ばれていました。ですが、当院ヘリポートへダイレクトに搬送されることにより移送時間が10分程度短縮可能となりました。運用開始後の1カ月半の期間、3回の緊急搬送を受け入れています。今後、ヘリポートを活用して更なる救急医療体制の向上と災害拠点病院としての機能拡充を目指し、県民のいのちと安全をより一層守っていきます。(広報委員会 事務局)