お知らせ

トップページNURSE RECRUIT BLOG

こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
2月20日は私たちがレギュラー出演している
西日本放送ラジオ おはようハイタッチ!「さわやかナースステーション」の放送日でした。



今回は「脳卒中のサインを見逃すな!~脳卒中の危険度をチェックしよう~」と題し、
脳神経外科病棟の看護師がお話しました。
まず脳卒中とは脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の総称です。
一般的に冬場に多く起こると言われていますが、
夏場でも脱水が原因で引き起こることもあります。
脳卒中は治療が遅れると後遺症が残ったり、
最悪の場合は生命にも影響します。
生活習慣が関与する病気ですので、皆さんの日常をチェックしてみましょう!
   
<脳卒中危険因子チェック>
□高血圧である
□脂質異常症(高脂血症)である
□糖尿病である
□太っている
□たばこを吸っている
□お酒をたくさん飲む
□運動不足である
□脈が乱れることがよくある、心房細動がある
□濃い味付けが好き
□60歳以上である
         
いかがでしたか?ひとつでもあてはまると、脳卒中発症のリスクがあると考えて下さい。
数が多ければ多いほど、危険度が高いです!要注意!!
ぜひ、生活習慣の見直しに取り組みましょう。私たちに気軽にご相談くださいね!



こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです!
先日、新人看護職員の教育担当者が集まってリフレクションをすると共に、
リクレクションを促すファシリテーターの実践も行う研修会を行いました。



研修の導入では、どのような新人看護師を育てたいか、
そのために教育担当者は何をしたらよいのかを具体的に考える時間も設けました。
そこでは、新人さんに求める看護師像について、思い付くことをいくつも付箋に書き出し、
それをカテゴライズした上で、その考えを粘土で創作して表現してみました。



「倫理観をもってほしい」、「ケアする力を身に付けてほしい」、
「コミュニケーション能力を高めてほしい」…など
教育担当者からはたくさんの言葉が出てきました。
抽象的に抱いていた考えを表現してまとめることで、概念化することができたようです。
その結果、一人前に育てるためには学びや成長を支え合う風土が大切だとの意見が多く聞かれました。






こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
久しぶりの新人看護師集合研修レポートをお届けします。
         
先日、新人Nsたちに向けて終末期看護に関する研修を行いました。
緩和ケア認定看護師が講師を務め、終末期にある患者の特徴や
看護に必要な知識・看護技術を学びました。
研修は座学だけでなく、積極的治療が困難になってしまったがん患者さんや
そのご家族への関わり方もロールプレイ方式で実践してみました。
死との向き合い方は新人看護師にとって難しい内容ではありますが、
どのような声をかければ穏やかな最期を迎える手助けが出来るのか、
みんな真剣な表情で話し合っていました。
また、この研修を受講することで、自分自身の死生観を深める機会にもなりました。





【災害への備えを!】
こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
1月16日は私たちがレギュラー出演している
西日本放送ラジオ おはようハイタッチ!「さわやかナースステーション」の放送日でした。
   
今回は「災害から自分の身を守って みんなで助け合い」と題し、
災害救護委員会の看護師が災害対策についてお話しました。
     
昨年は災害が多発し、特に西日本では水害による甚大な被害が起こりました。
このような被害がまたいつ起こるか分かりませんし、
ご存じのように南海トラフ地震も近い将来に高い確率で発生すると言われています。
そこで、普段から家族と避難方法を話し合ったり、物品を揃えるなどの『備え』が非常に重要です。
皆さま、非常持出袋の準備はしてらっしゃいますか?
食べ物やお薬、衣類などのご準備は、している方は多いのでは…と思います。
ですが、生きていくうえで欠かせないトイレの対策はどうでしょうか?用意していますか??
市販品もありますが、実は身近なものを利用して簡易トイレを設けることが出来るんですよ。
       
【簡易トイレの作り方】
①大小のビニール袋と新聞紙やペット用のトイレシーツを準備します。
②便器に大きなビニール袋をかぶせ、重ねて小さなビニール袋(レジ袋などでも可)を便座にかけます。
③小さなビニール袋の中には、ちぎった新聞紙やトイレシーツを入れて水気を吸収するようにします。
④用を足した後は小さなビニール袋のみ取り外し、漏れ出さないようにしっかり縛って廃棄します。
⑤便器が破壊されている時は、例えばポリバケツや重ねて頑丈にした段ボール箱でも代用可能です。
⑥消毒液やウエットティッシュで手指消毒を忘れずに!
     
このように、少しの知恵と工夫で避難生活の負担を減らす方法があります。
明日は我が身かもしれません。
ぜひ、私たちが提供するミニ講座や赤十字講習などを受講してみませんか?
災害への知識を深め、自分や家族の身を守りましょう!