ナースブログ

トップページNURSE RECRUIT BLOG

がん放射線療法看護認定看護師 長井 美和

放射線治療は、がんを治したり、がんによる痛みを軽くすることができる治療法です。局所の治療のため身体への負担が少なく、年齢も問わないため、様々な状況や年代の患者さんが対象になります。また、治療機器や治療法の開発が進み、以前より副作用も少なくなってきています。
がん放射線療法看護認定看護師は、予定された治療を完遂できるよう、放射線治療の知識や技術を使って支援をさせていただく看護師です。患者さんが、安心して安楽に治療ができるよう環境を整えたり、放射線や治療に関する不安の軽減に努めていきます。身体のケアの方法や困りごとの相談など一人ひとりの患者さんやご家族に合わせた関わりを心がけています。初めての診察から治療が終わるまで治療室でほぼ毎日お会いすることになりますので、分からないことや気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。



摂食・嚥下障害認定看護師(写真右)古川歩美
認知症看護認定看護師(写真左)長嶋真佑美(写真中央)大西力

高松赤十字病院には、摂食・嚥下障害看護認定看護師1名と認知症看護認定看護師2名が在籍しています。
摂食嚥下障害看護では、病気や治療、加齢など何らかの理由で飲むことや食べることが難しくなった入院患者さんの介入をしています。耳鼻いんこう科医師と言語聴覚士が嚥下機能評価やリハビリテーションを実施します。また、病棟看護師、歯科口腔外科、リハビリスタッフ、栄養課、薬剤師と共に適切な食事形態や食事姿勢の調整、口腔ケアなどの口腔衛生にも関わっています。「食べたい」を支えるために本院にいる他分野の専門・認定看護師や多職種と協同しながら、どのように安全に口から食べ続けることができるかを考えます。入院患者さんの嚥下機能や食事について気になることや勉強会実施など何かあればいつでも声をかけてください。

認知症看護では、認知症の診断がある患者さんや認知症症状のある患者さんが、急性期医療の中でも混乱なくその人らしい療養生活が送れるように支援を行っています。そして、認知症のある高齢患者さんを対象に認知症看護認定看護師をはじめ医師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、リハビリスタッフなどの多職種で構成されたメンバーで院内ラウンドを実施しています。構成されたメンバーで患者さんが安心して必要な治療を受け、日々の療養生活が送れるように環境づくりや薬剤投与アドバイス、身体抑制軽減に向けた提案を行っています。また、生活の活性化が図れるように院内デイケアを実施しています。院内のリソース(人材や設備など)を活用し患者さんに笑顔がみられるような看護を提供していきたいと考えています。



手術看護認定看護師(左)和田裕子(右)山田智子

手術はその大きさに関わらず、手術を受ける患者さんにとっては一大事です。
手術看護認定看護師は、そのような手術を受ける患者さんやそのご家族に精神面と身体面の両側から質の高いサポートを行う看護師です。
患者さんの高齢化や手術技術の複雑化など、手術医療を取り巻く環境が変化する今、皆様に少しでも安心して、安楽に手術を受けていただけるよう、手術室看護師の育成をはじめ手術看護のレベル向上に努めております。
また、昨年春より麻酔科外来での術前オリエンテーションも開始しております。専門性の高いベテラン看護師が手術を受ける患者さんの疑問にお答えし、また患者さんの持つリスクを早期に発見することで、安全な麻酔と手術、スムーズな術後の回復に繋げられるよう活動しております。手術、麻酔に関する疑問や不安がありましたら是非ご相談ください。



緩和ケア認定看護師(左)田井陽子(右)酒井智子

高松赤十字病院には2名の緩和ケア認定看護師が在籍しています。
私たちは、生命を脅かす病気による問題に直面している患者さんとご家族に対して、心と体のつらさに寄り添い苦痛を緩和する看護を行っています。病気になると誰もがさまざまな苦痛を抱えながら病気と向き合っていかなければなりません。痛みなどの身体的な苦痛だけでなく、将来への不安、家族のこと、仕事に対しての悩みなど、つらいと感じることは人それぞれ違います。治療を受けながらも、その人らしく生活ができるように一緒に考え医師や薬剤師、ソーシャルワーカーなど他職種と連携しながら、サポートさせていただきます。入院中の方だけでなく、外来通院中の方でも、何か困りごとがあれば気軽にご相談ください。



【私たちの病棟を紹介します!第7回目 外来看護室救急外来】

こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
各病棟でどのような取り組みを行っているのかシリーズで紹介するコーナーの7回目をお届けします。
外来看護室救急外来からのメッセージです!!!
   



外来看護室救急外来は、救急外来と放射線科部門の看護を中心とした部署です。
救急外来では、突然のけがや急な病気でも安心して医療を受けてもらえるよう、24時間体制で救急患者さんを受け入れています。早期に的確な診断や治療に繋げて行けるよう専門医と連携し、安心・安全な医療が提供できるよう努めています。また、対象患者さんは全診療科であり、対象年齢も小児から老年までと幅広く、必要とされる知識や技術も多岐にわたります。

救急看護実践能力を向上させるために、今年度は救急看護認定看護師を中心にフィジカルアセスメント強化に力を入れています。系統を外傷・外科、循環器・心臓血管外科、内科、産科・小児科の4つに分類し、チーム毎に勉強会を開催しました。系統別に見逃してはいけない疾患や頻度の高い疾患の、フィジカルアセスメントのポイントや実際に救急外来でかかわった症例を通して、看護実践のポイントを活発にディスカッションしています。

今後も救急外来のフィジカルアセスメント能力を向上させるためにみんなでがんばっていきます。