お知らせ

トップページNURSE RECRUIT BLOG


こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
昨日は私たちがレギュラー出演している、
西日本放送ラジオ おはようハイタッチ!「さわやかナースステーション」の放送日でした。
今回は「すぐできる!乳がん自己検診」をテーマに、乳がん看護認定看護師がお話ししてきました。
     
国立がん研究センターの統計によると、
乳がんは1年間で約11人に1人が診断される、いわゆる罹患率が高いがんです。
ですが、他の部位のがんに比べると死亡率は低く、また診断時から5年後までの生存率は比較的高くなっています。
しかし、進行して治療が遅れてしまうと状況は変わります。
そこで、自己検診により身体の変化をいち早く発見することが大事です。
    
その自己検診方法ですが、人差し指、中指、薬指の三本の指を使って、
わきの下、乳房、みぞおち、鎖骨のあたりなどを全体的に、少し力をこめて触ってみて下さい。
がんのしこりは硬く、肉まんやお餅の中に、梅干しの種や豆が入っているようなコリッとした感触です。
また、自己検診は毎月決まった頃に定期的に行うことが肝心です。
例えば、自分の誕生日など覚えやすい日にちで設定すると良いでしょう。
生理がある方は終わって1週間ほどの頃に行って下さい。
    
乳がんは40歳代から60歳代にかかる人が多く、家庭や職場で重要な役割を担っている年代に重なります。
そのような忙しい中だとついつい自分の事は後回しにしがち…。
ですが、自分だけでなく周りの人達のためにも乳がん検診を受けて、
早期発見・早期治療に努めてほしいと願っています。




こんにちは。南4看護室(呼吸器センター)看護師です!

当院では年2回春と秋に「HOT(ホット)の会」という在宅酸素療法を受けられる
患者さんとの交流を目的とした患者会を行っています。
今回28回目となるHOTの会を先日5月25日に行いました。



この日は呼吸器内科の六車先生より「血液ガスのみかた」というテーマでお話があり、
皆さん熱心に耳を傾けておられました。
そして病棟看護師からは「日常生活における上手な体の動かし方」をテーマに、
息切れの対処法などについてお話しし、
最後に「ながいき呼吸体操」を参加者、スタッフ全員で行いました。



参加された方からは「いろんな体操を紹介して頂き、参考になりました」
「日常生活にも取り入れたいです」などのご意見を頂きました。
これらの意見を元に、秋のHOTの会の企画に取り組んでいきます!




こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
4月17日に私たちがレギュラー出演している西日本放送ラジオ 
おはようハイタッチ!「さわやかナースステーション」の放送がありました。
今回は「大腸内視鏡検査を受けよう」と題し、消化器内科病棟の看護師がお話しました。
大腸内視鏡検査とは、肛門からカメラを挿入し大腸の中を見る検査です。
実は日本人女性のがん死亡原因1位は大腸がん。
ですが、大腸がんは早期発見だとほぼ治すことができる病気です。
その発見のために大切な検査が、大腸内視鏡検査。
大腸がんのリスクは40歳代以上から上昇しますので、
ぜひ機会を逃さずに検査を受けて下さい。
また、便潜血検査で陽性反応が出た方は、必ず大腸内視鏡検査を受けてくださいね!




こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
この春、当院では下記区分の特定行為研修修了者
・呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連
・創傷管理関連
・血糖コントロールに係る薬物投与関連
・栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
合計8名が誕生しました。
今日はその中のひとり、山本さんから今後の抱負が届きましたのでご紹介いたします。
*******************************************
この度、特定行為研修(栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連、呼吸器関連)を修了しました。
本院での特定行為研修の一期生ということで多くの皆さまの御理解、ご協力のもと
研修を行えたことに感謝しています。
研修で学んだことを院内、そして地域にも還元できればと思っています。
何より患者の皆さんにより良い看護ができることに活かせるよう、
これからも研鑽していきたいと思います。
研修を終えたばかりでまだまだ未熟ですが宜しくお願いします。