ナースブログ

トップページNURSE RECRUIT BLOG

【私たちの病棟を紹介します!第6回目 本9看護室】
こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
今日は各病棟でどのような取り組みを行っているのか、シリーズで紹介するコーナーの6回目をお届けします!
本9看護室からのメッセージです!!!



本9看護室では今年度4名の新人看護師が配属されました。
早くも2か月が経過し、みなさん日々奮闘しながらも笑顔で頑張っています。
4月17日、新人看護師は入院患者さんの生活を理解し、これからの援助を考えるきっかけとする事を目的に次のような内容で体験をしました。


①4人部屋(大部屋)でカーテンを閉めて過ごす。
②食事を介助をされる。
③おむつを着用し術衣を着てみる。
④車椅子、ストレッチャー(寝台車)で搬送されてみる。
⑤点滴やドレーンがある状態で動いてみる。


新人看護師からは患者さんと同じ気持ちを感じたり、想像してみたりする事で、患者さんの不快感・不便さなどの苦痛を実感できた、患者さんへの援助方法・声かけの大切さがわかったなどの感想が聞かれ多くの学びを得たようでした。
自分たちが体験し感じた事が患者さんの立場にたって考えられる看護師としての成長につながってほしいと願っています。


共に実施したプリセプターをはじめスタッフみんなが、言葉遣いやプライバシーへの配慮、声かけのタイミングなど、患者さんの立場に立ったケアを考える機会となりました。



【私たちの病棟を紹介します!第5回目 本8看護室】
こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
今日は各病棟でどのような取り組みを行っているのか、シリーズで紹介するコーナーの5回目をお届けします!
本8看護室からのメッセージです!!!



こんにちは!
本8看護室では、膝や股関節、脊椎など専門的な手術を受けた整形外科疾患の方が入院されています。
私たちは、早期に回復できるように多職種と連携しています。
3月18・19日に、患者図書室「ひだまり」で、『あなたのお膝大丈夫?』というテーマで
変形性膝関節症についてミニ講座を行いました。
膝に痛みがあって困っている方や朝のラジオ放送を聞いてわざわざお越しになった方々で
図書室はいっぱいになり、講座は大成功でした(*^^)v
    

【入職3年目看護師Aさんから一言】
病棟では手術の患者さんに関わることが多いですが、膝に痛みを抱えている方々に変形性膝関節症について
どのようにお伝えすればわかりやすいのか考え、言葉選びに気をつけました。
改めて疾患について学習し、先輩看護師に相談しながら、資料作りのアドバイスをもらったり、
一緒に講座開催に向けて繰り返し練習したりしたことはとても心強かったです。
おかげで講座当日はたくさんの方々に聴講していただき、私自身もとても学びのある経験となりました。



【先輩看護師から一言】
今回の講座開催に向けて、チェックリストを用いて膝の症状を確認したり、
自宅でできる筋力アップのための運動を音楽に合わせて行ったり、
お越しになる方々に分かりやすく伝えられように、試行錯誤を重ねて準備しました。
Aさんと一緒に、整形外科病棟で学んだ知識を講座開催につなげたことは、お互いの自信に繋がりました。
プレゼンテーションは伝え方一つで成果が変わることを実感し、これからの日々の看護にも活かしていきたいと思いました。