お知らせ

トップページNURSE RECRUIT BLOG

こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
先日、新人Nsたちに向けてメンタルヘルスに関する研修を行いました。
技術や知識をどんどん吸収している毎日の中で、もしかしたらちょっと頑張りすぎているかも…。
この研修は、「今」の自分の心身の状態を知ることと、正しいメンタルヘルスの知識を得ることが目的です。
当院の臨床心理士が講師を務め、ストレス度のチェックをしたり対処(コーピング)のポイントなどを学びました。
また、講義の間には同期同士でどんな場面でどの位のストレスを感じたのか話し合う時間も設け、
悩みを感じているのは自分ひとりだけではないことが理解できました。

今後も落ち込んだり涙することはきっとあると思いますが、一人で抱え込えこまずに
周りの同期や先輩と共に乗り越える力を身に付けてほしいと思います。





こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
先日、香川県社会福祉総合センターにて看護部公開講座を開催しました。
平日午後の催しでありましたが、多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。
今回のテーマは「心不全のチーム医療」
現在、日本では爆発的に高齢者の心不全が増えており、心不全パンデミックとも言われています。
そこで当院では、心臓弁膜症の最先端治療であるTAVIや心臓リハビリテーションなど多職種がチームとなって、
質の高い循環器医療を提供しています。
そして公開講座では、循環器内科部長が心不全の治療とリハビリ、理学療法士が運動療法の方法、
慢性心不全看護認定看護師が生活療養上の注意点、退院支援看護師が自宅へ帰る際の
サポート体制についてお話ししました。
さらに講演終了後には個別相談会も設けました。



心不全は悪性かつ進行性の病気で、ますます発症者が増えると予測されていることから
地域全体で慢性心不全患者を支える体制づくりが必要と言われています。
当院はこれからもこのような講座を通して知識の普及を図り、また他の医療機関と連携して
皆さまが適切な医療を切れ目なく受けられるように取り組んでまいります。




こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
先日、看護学生実習の病棟担当者による実習担当者会が発足しました。
高松赤十字病院では各段階で多くの看護学生が実習を行っています。
その内容が実習のねらいにあっているか、貴重な経験が意味づけされているか、実習場の雰囲気はどうか…等。
今後、担当者会で定期的に検討を重ね、学生にとって「高松赤十字病院で実習をして良かった!」と思ってもらえる
実習となるよう努めてまいります。




こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです。
先日に続き今日も新たに増えた認定看護師のひとり、
熊野さんからの今後の意気込みをご紹介します!
*************************************************
私は、生まれた赤ちゃんや、その周りの人々が幸せになるように、
児や家族に寄り添った看護をしたいと考え、新生児集中ケア認定看護師となりました。
 今後は、赤ちゃんが全力で示してくれる反応の意味を考え、
赤ちゃんのペースに合わせた、安全で個別性のあるケアを提供していきたいです。
また、赤ちゃんや家族にとって「より良い看護とは何か」を考え続け、
一つ一つ丁寧に関わっていきたいと思います。



こんにちは。高松赤十字病院Nsリクルートチームです!
現在、一年生ナースは日勤だけでなく夜勤も始めています。
そこで、呼吸器病棟に勤務する茶円さんからレポートが届きましたのでご紹介します。



7月から夜勤業務が始まりました。
夜勤初日は先輩看護師のシャドーをさせて頂いたのですが
日勤業務ではペアで看ていた患者さんを夜勤帯は一人で受け持ちケアを行うため
自分自身にかかる責任の重さを実感し、先輩の様に多くの患者さんを
看ることができるのか不安になりました。
しかし、困ったことがあってもすぐに相談できる優しい先輩方が
側に居てくれるおかげで、落ち着いて自分なりに考えながら
患者さんと向き合うことができています。

毎日が初めてのことや学ぶことばかりで
時にはいっぱいいっぱいになることもありますが、患者さんやご家族、
また先輩看護師から「ありがとう」と言ってもらえる度に
自分のケアが少しは誰かのためになっているのだと実感でき
もっと頑張ろうと前向きな気持ちになれます。

患者さんにとって優しい看護師になれるように
たくさんのことを経験し学びを深めていきたいです。