日本赤十字社 高松赤十字病院

看護部について

地域の人々から、看護を高く評価される病院づくり。
看護部は、人に優しい病院づくりを目指しています。

副院長 兼 看護部長 挨拶

高松赤十字病院は、明治40年にこの地で開院し110年を超えました。地域を支える中核病院として急性期・高度急性期医療を担っています。
地域包括ケアシステムの中で病院の機能分化が進み、病院の在り方も変化しています。そのような中でも看護部の理念にあるように、『看護を高く評価される、人にやさしい病院づくり』に全力で取り組んでいきたいと思います。
今後、高度急性期病院を目指し看護体制を整備していくとともに、働く一人ひとりの看護職員がやりがい・働きがいを感じられるそんな職場環境を整えていきたいと考えています。また、赤十字のキャリア開発ラダーに沿って、自分たちが目指す看護師像に向かって成長できるよう教育体制を整備しています。人材が人財となるようスタッフ全員で支援していきます。

副院長 兼 看護部長 村井 由紀子

高松赤十字病院の理念

赤十字精神「人道、博愛」の実践 → 高松赤十字病院は、「人道、博愛」の赤十字精神に基づき、地域の皆様に信頼される、安全で質の高い医療を実践します。

看護部の理念

看護を高く評価される、人にやさしい病院づくり

私たちは、赤十字の精神に基づき、やさしさと思いやりのこころで看護を実践します。

看護部の目的

赤十字理念に基づき、人々の苦痛を軽減し健康の維持促進をはかるため、常に自己啓発に努め、看護の専門職業人として自律した組織を確立する。

医療・看護を取り巻く環境の変化に対応し、専門性の高い良質の看護を提供できる人材を育成し、人にやさしい病院として、地域の人々から高い評価を受けることを目的に看護部を運営する。

基本方針

  1. 患者さんの人間としての尊厳と権利を守ります。
  2. 患者さんが安全で安心できる質の高い看護を提供します。
  3. 多職種で連携し、専門性の高い患者中心のチーム医療を提供します。
  4. 地域連携を推進し、地域包括ケアに貢献します。
  5. 赤十字の看護師として、災害看護を実践します。
  6. 専門職業人として、生涯学び続ける看護職を育成します。

看護部が目指す看護師像

  1. 赤十字の理念である人道に基づいて人々の尊厳を守り、思いやりのある行動や看護が実践できる
  2. 組織の一員としての自覚をもち、責任のある行動と役割が遂行できる
  3. 急性期病院の医療チームの一員として、多職種と連携し、安全・安心で質の高い看護が提供できる
  4. 地域と協働・連携することができる
  5. 豊かな感性と高い倫理観を持ち、主体的に考え自律して行動できる
  6. 専門職として生涯学び続けるとともに、将来にわたって計画的にキャリアを開発し、自己成長できる
  7. 赤十字看護師として、平時より災害への備えを行い、災害発生時は迅速に救護活動に携わることができる

看護部のおもな取り組み

  1. 高度急性期病院を目指した看護体制の設備
  2. 退院支援・在宅療養支援の強化
  3. 看護実践能力の向上を目指した体制づくり
  4. 働き続けられる職場のための労働環境の整備

看護部職員数:637名(2020.4.1現在)

看護師 536名、助産師 42名、保健師 4名、看護事務支援員 10名、看護助手 38名(学生アルバイト 3名含む)、保育士 1名、介護福祉士 6名
※内 看護部長 1名、看護副部長 4名、看護師長 20名、看護係長 52名、専門看護師 2名、認定看護師 28名、特定行為研修 修了看護師 9名

看護配置

一般病棟 7:1入院基本料の施設基準を満たす配置
※看護補助者については、急性期看護補助体制加算(25:1)で配置

看護方式

“デイ・パートナー制+継続受け持ち制を取り入れた固定チーム・ナーシング”
受け持ち看護師が患者さんの入院から退院まで責任を持って看護を提供し、それを固定したチームリーダーやメンバーが支援する看護方式です。一部の病棟では特殊性を考慮し機能別看護も取り入れ、効率性とともに看護の質が保証できる体制づくりに取り組んでいます。
また、平日の日勤帯は先輩とペアを組んで看護を実践する体制をとっています。

勤務体制

三交代制:深夜 3~4名、準夜 3~4名 (一般病棟)
二交代制:一般病棟(6病棟)