日本赤十字社 高松赤十字病院

小児外科

基本情報

スタッフ紹介

スタッフ名 専門分野 所属学会・学会認定医・専門医等

久保 裕之

小児外科副部長 久保 裕之
香川大学医学部卒業。初期研修、後期外科研修(千葉県こども病院等)修了後、香川大学小児外科助教を経て高松赤十字病院小児外科勤務。医学博士。
小児外科 日本小児外科学会 専門医
日本外科学会 専門医
日本小児泌尿器科学会 認定医

卒後臨床研修指導医

日本外科学会
日本小児外科学会
日本小児救急医学会
日本小児放射線学会
日本小児泌尿器科学会
日本小児血液・がん学会
日本周産期・新生児医学会

概要

小児外科とは主に外科的治療を必要とする小児を対象としています。小児外科を説明するときによく使用される「赤ちゃんは大人のミニチュアではない」という言葉通り、こどものからだはおとなのように完成したものではなく、肺・腎臓・肝臓など身体のあらゆる臓器が発育の途中にあり機能や調節機構が未熟です。また身体だけでなく,精神的・心理的にも発育の途上にあります。治療の対象となる部位は全身におよび、脳、心臓、骨以外のほとんどの臓器を扱いますが、成人領域とは病態の異なる疾患であることが多いため、治療方法が異なることも特徴です。これら成長を考え合わせた小児の特性や、小児の外科疾患の特徴についての十分な知識と経験を持って診療にあたることを目的とした科が小児外科です。

詳細情報

治療方針

日本小児外科学会は、「小児外科専門医」とは「子どもを安心して預けることができる外科医」としています。小児特有の生理状態や未熟な臓器機能に配慮した周術期管理、手術時期の年齢の考慮,術後の長い成長・発育に耐えられる手術法,より緻密で正確な手術手技が求められます。
将来を担うこども達の生命を守ることを大前提に、身体的・精神的な成長においても出来る限りハンディキャップを残さないため、確実で安全な治療を心がけています。

部位 小児外科で治療する主な病気
顔面 耳前瘻孔、福耳
頚部 正中頚嚢胞、側頭瘻、梨状窩瘻、リンパ管腫
胸壁 漏斗胸
呼吸器 嚢胞性肺疾患、肺分画症、先天性気管狭窄症、気管・気管支軟化症、異物の誤嚥・誤飲
食道 異物の誤嚥・誤飲、胃食道逆流症、先天性食道閉鎖症、食道狭窄症(先天性)食道アカラシア
横隔膜 横隔膜ヘルニア、食道裂孔ヘルニア
肝臓・胆道 胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症、胆石、門派圧亢進症
消化管 異物の誤嚥・誤飲、胃潰瘍、肥厚性幽門狭窄症、胃軸捻転、消化管穿孔、腸閉鎖症、腸回転異常症、腸重積症、メッケル憩室、腸管重複症、腸閉塞、ヒルシュスプルング病、直腸肛門奇形、肛門周囲膿瘍、乳児痔瘻、裂肛、便秘、急性虫垂炎、腸炎、壊死性腸炎、胎便性腹膜炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、腸管ポリープ、鎖肛
膵臓 膵炎、膵嚢胞
腹壁・臍 臍ヘルニア、臍帯ヘルニア、腹壁破裂、臍炎、臍肉芽腫
鼠径部・精巣 鼠径ヘルニア、陰嚢水腫・精索水腫、ヌック水腫、停留精巣、精巣捻転症
泌尿生殖器 腎水・水尿菅症、膀胱尿管逆流症、先天性腎疾患、腎嚢胞、尿道下裂、包茎
四肢 肘内障
腫瘍 神経芽腫、ウィルムス腫瘍、肝腫瘍、胚細胞腫瘍(奇形腫)、横紋筋肉腫
外傷 肝損傷、膵損傷、脾損傷、腎損傷

診療実績

2016年10月1日より小児外科を開設し診療を行っております。2019年9月30日までの3年間で小児外科手術症例数は237件、緊急手術症例数は63件となっております。

診療内約:2016年10月1日~2019年9月30日

部位 診断病名 術式 件数
体表 鼠径ヘルニア・水腫 鼠径へルニア根治術 87
臍ヘルニア 臍ヘルニア根治術 9
白線へルニア ヘルニア閉鎖術 1
正中頚囊胞 Sistrunk手術 2
鰓原性遺残物 摘出術 2
皮膚・皮下腫瘤 摘出術 4
尿膜管遺残症 尿膜管遺残摘出術 4
臍腸管遺残症 臍腸管遺残摘出術 1
リンパ管腫 腹腔内ドレナージ 1
OK-432硬化療法 1
消化器 急性虫垂炎 腹腔鏡下虫垂切除術 39
開腹虫垂切除術 1
虫垂切除後腹腔内洗浄ドレナージ 1
慢性虫垂炎 単孔式虫垂切除術 9
腸重積 非観血的手術(空気整復術) 6
観血的手術(開腹) 1
腸回転異常症 Ladd手術 2
メッケル憩室関連腸閉塞 メッケル憩室切除術 1
肥厚性幽門狭窄症 ラムステッド手術 1
胆道拡張症 開腹ドレナージ 1
根治術(胆管空腸吻合) 1
消化管異物 異物摘出術 4
経口摂取困難 胃瘻造設術 2
直腸ポリープ ポリープ切除術 1
重症便秘症 便摘出 1
呼吸器 先天性肺気道奇形(CPAM) 肺切除術 1
泌尿生殖器 停留精巣・移動性精巣 精巣固定術 21
Fowler-Stephens手術 1
萎縮精巣 精巣摘出術 2
包茎 Welsh手術 3
膀胱尿管逆流症 Cohen手術 5
術後新尿管口狭窄 腎瘻造設術 1
術後新尿管口狭窄 再開放手術 1
腎孟尿管移行部狭窄症 腎孟形成術 2
検査・処置 リンパ節腫脹 リンパ節生検 14
筋ジストロフイー 筋生検 1
中心静脈カテーテル留置 カットダウン挿入術 2
小児外科手術症例総数 237
緊急手術症例  63

地域の先生方へ

小児外科治療は、小児特有の生理状態や未熟な臓器機能に配慮した周術期管理、手術時期の年齢の考慮、術後の長い成長・発育に耐えられる手術法、より緻密で正確な手術手技が求められます。手術治療が必要と思われる患児は当院にご紹介ください。日本小児外科学会の云う小児外科専門医=子どもを安心して預けることができる外科医として、最善を尽くします。

診療の詳細はこちらをご覧ください。[PDF:900KB]