日本赤十字社 高松赤十字病院

呼吸器内科

基本情報

スタッフ紹介

スタッフ名 認定医・専門医等

山本 晃義

副院長(第一呼吸器科部長) 山本 晃義
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医

六車 博昭

第二呼吸器科部長
(兼)呼吸器センター副センター長
六車 博昭
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医

林 章人

第一呼吸器科副部長 林 章人
日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医

icon

医師 小川 瑛
日本内科学会認定内科医
日本DMAT隊員

icon

非常勤医師 木村 公一

学会認定施設

  • 日本内科学会教育病院
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会認定施設
  • 日本がん治療認定医機構認定施設

概要

2018年4月から呼吸器センターが開設され、呼吸器内科と胸部外科が連携して本館北タワー10階の病棟で診療にあたっています。

肺がんはわが国における男性のがん死の一位を占めています。当科では、日本肺癌学会のガイドラインに沿って、抗がん剤や、がんが増えるメカニズムにターゲットを絞った分子標的治療薬、最近注目されている免疫チェックポイント阻害剤などを使用して治療にあたっています。また、胸部外科や放射線科と連携し、手術や放射線治療を含め患者さんに最適な治療を提供しています。体調が比較的安定している患者さんには、通院での抗がん剤治療を積極的に進めています。

気管支ぜんそくはステロイドホルモンの吸入療法が有効ですが、吸入手技は高齢の患者さんには難しいことがあります。当院は薬剤師、看護師とともに吸入指導に力を入れています。

慢性呼吸不全により在宅酸素療法を受けられている患者さんは、現在約70名おられます。春と秋に患者会「HOTの会」を開催して呼吸のメカニズムや病気についての理解を深め、簡単な体操、世間話などを楽しんでいます。在宅酸素療法の導入時には医師、看護師のみならず理学療法士、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーなどがチーム医療として関わっています。外来通院の際は、担当医の診察以外に呼吸器病棟の看護師が外来に出向き、日常生活での問題点など積極的に話し合うようにしています。

これら以外の呼吸器疾患も担当医とスタッフが協力して患者さんやご家族に満足していただける医療を目指しています。

また、令和2年4月より結核治療(病床2床)を再開しております。

詳細情報

診療実績

2018年呼吸器内科入院患者740名の疾患別内訳

2018年呼吸器内科入院患者740名の疾患別内訳

特殊外来

現時点では運用なし

地域の先生方へ

当科の外来は、月曜日から金曜日までの毎日、本館2階の内科外来で行っています。(ただし、午後は予約のみですが、急患は対応いたします)
呼吸器疾患が疑われ、診断や治療方針にお困りの患者さんがおられましたら、ぜひご紹介ください。肺癌など専門性の高い疾患以外は、当科で精査・加療後病状が安定しましたら患者さんを逆紹介させていただきますので、その際はよろしくお願いいたします。
当科では、胸部外科と共同で、毎月1回(通常第3月曜日)に院内で「香川肺癌診断会」を開催しています。ミニレクチャーと興味深い症例の提示を行っておりますので、近隣の先生方のご参加をお待ちしています。肺癌に限らずお困りの症例がありましたら、ぜひ、ご持参ください。皆で検討させていただきます。

診療の詳細はこちらをご覧ください。[PDF:980KB]