日本赤十字社 高松赤十字病院

病理科部

スタッフ紹介

スタッフ名 専門分野 認定医・専門医等
病理科部長 石川 雅士
病理一般
細胞診一般
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本病理学会病理専門医研修指導医
日本臨床細胞学会教育研修指導医
日本病理学会学術評議員
死体解剖資格
医師 木村 なちの
病理診断一般 死体解剖資格
専門医機構認定病理専門医
非常勤嘱託医師神野 真理
病理一般 死体解剖資格

学会認定施設

  • 日本病理学会研修認定施設B
  • 日本臨床細胞学会認定施設

特色

当院病理科部は、平成26年4月より病理診断科として標榜しています。内科・外科をはじめ院内各診療科から採取された患者さんの検体から顕微鏡標本を作製し、診断しています。現在は常勤医師3名(2名が病理専門医)、非常勤医師1名(病理専門医)と臨床検査技師6名(5名が細胞検査士の有資格者)で診断業務を担っています。病理組織診断は病理医によりダブルチェック体制で精度管理を行い、診断・報告しています。細胞診も細胞検査士によるダブルチェックを行い、穿刺細胞診の全てと婦人科・尿検体などの擬陽性以上の判定例について、細胞診専門医による確認の上で診断報告しています。

業務内容

生検および手術による切除組織の病理組織診断、細胞診、術中迅速病理組織診断を行っています。通常のホルマリン固定ヘマトキシリン・エオジン染色のほかに、PAS染色などの特殊染色、免疫組織化学染色を必要に応じて追加して、診断の参考としています。診断内容についての問い合わせには、随時対応しています。腎生検、皮膚生検では蛍光抗体法を用いた診断も行っています。

診療実績

病理組織診断 6,343件
術中迅速病理診断 270件
細胞診 9,539件
病理解剖 13症例

(平成30年度)

地域の先生方へ

当院は地域がん診療連携拠点病院に認定されています。質の高い、迅速で的確な診断で、外来診療、入院患者さんへの治療を支援します。
治療方針の決定の際に紹介元での病理組織標本の再検討が必要になり、臨床各科の主治医を通じて標本の貸し出しをご依頼することがございます。標本は返却いたしますので、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

診療の詳細はこちらをご覧ください。[PDF:665KB]