日本赤十字社 高松赤十字病院

胸部・乳腺外科

基本情報

スタッフ紹介

高松赤十字病院 胸部・乳腺外科

スタッフ名 認定医・専門医等

三浦 一真

第一胸部・乳腺外科部長
(兼)呼吸器センター長
三浦 一真
日本外科学会 認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会 認定医
日本胸部外科学会 認定医・専門医・指導医
日本呼吸器外科学会 専門医
マンモグラフィ読影 認定医
日本静脈経腸栄養学会 認定医
日本肺がんCT検診認定機構 CT検診認定医

監﨑 孝一郎

第二胸部・乳腺外科部長
(兼)呼吸器センター副センター長
監﨑 孝一郎
日本外科学会 認定医・専門医・指導医
日本呼吸器外科学会 専門医
日本呼吸器内視鏡学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 認定医
日本肺がんCT検診認定機構 肺がんCT検診認定医師
マンモグラフィ読影 認定医(A判定)
厚生労働省 麻酔科標榜医
日本医師会 認定産業医

法村 尚子

第二胸部・乳腺外科副部長 法村 尚子
日本外科学会 専門医
日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医
日本甲状腺学会 専門医
日本内分泌外科学会 内分泌外科専門医
マンモグラフィ読影 認定医(A判定)
乳房超音波読影 認定医(A判定)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

久保 尊子

医師 久保 尊子
日本外科学会 専門医
日本呼吸器外科学会 専門医
日本透析医学会 専門医
日本乳癌学会 乳腺認定医
マンモグラフィ読影 認定医
乳房超音波読影 認定医
日本がん治療認定医機構 認定医
日本肺がんCT検診認定機構 肺がんCT検診認定医師

松本 大昌

医師 松本 大昌
日本外科学会 専門医

学会認定施設

  • 外科専門医制度修練「指定」施設
  • 呼吸器外科専門医合同委員会専門研修「基幹」施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会「認定」施設
  • 肺がんCT検診認定機構認定施設
  • 日本乳癌学会「認定」施設
  • マンモグラフィ検診施設画像認定施設
  • 乳房再建用エキスパンダー実施施設認定
  • 乳房再建用インプラント実施施設認定
  • 日本内分泌外科学会専門医制度「認定」施設
  • 日本甲状腺学会認定専門医施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

手術症例(平成24年4月1日-令和元年12月31日)

手術症例

当科の治療について

当科の治療については、診療の最前線ページにも詳細を掲載しておりますのでご覧ください。

当院の乳がんの診断 乳腺外来に行ったらどんなことをするの?

「胸腔鏡」の現状

「肺がん完全鏡視下手術」の導入

詳細情報

肺がん

術前診断(多列(320列)造影CT)

ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT
ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT

完全鏡視下手術(3ポート)

画像をクリックすると、拡大表示されます。

左上葉切除(1か月後)左上葉切除(1か月後)
右下葉切除(1か月後)右下葉切除(1か月後)
舌区切除(転移性肺腫瘍)舌区切除(転移性肺腫瘍)

原発性肺癌 VATS/RATS 症例

平成24年1月1日~令和元年12月31日

性別 男 315・女 203
平均年齢 70.1±10.2(24-92)
平均喫煙指数(一日本数×年) 658±722(0-4000) 非喫煙者 188名
組織型
(多発癌含む)
AD 454 SQ 76 LCNEC 11 ADSQ 6 LA 1 SM 5 その他 8
病期(第7版)
(多発癌含む)~16年
IA 203 / IB 56 IIA 21 / IIB 13 IIIA 38 IV 3
病期(第8版)
(多発癌含む)17年~
pCR 3
0 35
IA1 65
IA2 44 / IB 23
IA3 12
IIA 5 / IIB 17 IIIA 16
IIIB 2
IVA 5
術式
(鏡補助下)
全摘/二葉切 20
(8)
葉切 371
(22)
区切 61
(4)
部切 66
(1)
平均手術時間 3:41
(2:18-7:29)
2:33
(1:09-7:43)
2:43
(1:41-6:57)
1:09
(0:37-2:29)
平均出血量 416ml
(0-5275)
52ml
(0-730)
55ml
(0-370)
3ml
(0-70)
平均ドレーン留置日数 3.3(1-11) 2.6(1-18) 3.0(1-16) 1.9(1-17)
平均術後入院日数 8.6(4-18) 7.7(3-87) 7.9(3-21) 6.4(3-34)

高松赤十字病院では、完全鏡視下手術もしくは完全ロボット手術を原則としています。

ロボット手術の詳細は、こちらをご覧ください。

  • 肺癌手術 518名・561症例・在院死亡0.39%(2/518)・手術直接死亡0.19%(1/518)
  • 術前CTマーキング 46例
  • 術後合併症
    • 再手術 12例(2.3%)
        肺漏6例、膿胸1例、血胸1例 、髄液漏1例、血気胸1例、上肢動脈血栓1例、乳び胸1例
    • 保存的に改善・不変
        肺炎8例、気管切開2例、創感染2例、耳下腺炎1例、横隔神経麻痺8例、乳び胸1例、胃潰瘍1例、左反回神経麻痺10例、在宅酸素12例、輸血4例、不整脈3例、脳梗塞1例、術中心停止1例、胆嚢炎1例、左上肢脱力1例、間質性肺炎急性憎悪(死亡)1例、心不全増悪(死亡)1例
  • 術前治療症例
    18例(pCR 3例)
  • 術後追加治療
    CBDCA+PTX 52例、UFT 75例、その他

ダヴィンチ手術

ダヴィンチ手術
ダヴィンチ手術

乳がん

乳がんの症状、治療、その他費用や活動のことなど、ぜひ知ってもらいたい情報を1冊にまとめました。
ダウンロードしていただけますので、ぜひご覧ください。

「乳がんを知ろう」 [PDF:23KB]

乳がんが疑われたら

マンモグラフィや乳腺エコー等の検査を行います。

マンモグラフィ

マンモグラフィ

乳腺エコー

乳腺エコー

診断をつけるために

腫瘤が分かるものは、エコー下で吸引細胞診を行います。

腫瘤が分かるものは、エコー下で吸引細胞診を行います。

エコーでは見えないような微細な石灰化のある症例ではマンモトーム生検(局所麻酔)を行います。

エコーでは見えないような微細な石灰化のある症例ではマンモトーム生検(局所麻酔)を行います。

乳腺手術症例

平成30年1月1日-平成30年12月31日

乳腺手術 97例
乳癌 49例 乳腺良性腫瘍 8例 その他 40例
乳房温存術 14例 乳房全切除術 35例
(皮ふ温存乳腺全摘術含む)

手術

当院では、部分切除の場合、切除した部分がくぼまないように、周囲組織を縫縮してきれいな乳房の形が再現できるようにしています。

また当院では、部分切除の適応がなく全切除をしなければならない場合、従来の乳房切除術の他に、乳房の皮膚や乳頭を残し乳腺のみを摘出する方法も行っています。後から、自家組織やシリコン等を入れ膨らみをだせば元の乳房を取り戻すことができ、以前の乳房切除術とは大きく異なります。

ご希望される場合は、ご相談ください。

手術

化学療法(抗がん剤治療)

当院には専用の化学療法室があり、基本的に外来通院で化学療法を行います。化学療法認定看護師、認定薬剤師が常に近くにおり、安心です。

  • 術前化学療法
    乳房部分切除が不可能な大きな腫瘍を小さくし、部分切除ができる 可能性があります。
  • 術後化学療法
    手術で切除した組織の病理結果が転移再発のリスクが高いと判断さ れた場合に行います。

外来化学療法室
外来化学療法室

ホルモン療法、放射線療法、分子標的療法

手術で切除した組織の病理結果により、効果のある治療法は全然違います。
患者さんと相談しながら、ひとりひとりに合ったオーダーメイドな治療を行います。

サポート

乳癌治療中や治療後も、様々な疑問や悩みがでてくることと思われます。化学療法中の脱毛、手術後の下着や精神的な問題等、様々な方向からサポートさせていただきます。

サポート

甲状腺、副甲状腺

手術症例数

平成30年1月1日~平成30年12月31日

頚部手術 85例
甲状腺癌 33例 甲状腺良性腫瘍 22例 副甲状腺腫瘍 10例 バセドウ病 9例 その他 11例

当院では甲状腺内視鏡手術(VANS)を行っています。

  • 甲状腺癌内視鏡手術は平成28年から良性腫瘍に、平成30年より悪性腫瘍にも保険収載になりました。
  • 甲状腺は首の前側(のどぼとけの下)にあるため、従来の手術では首の中央に傷ができてしまいます。当院での甲状腺内視鏡手術は鎖骨の下に傷を入れ行いますので、首に傷ができず、衣服の下に隠れ目立ちません。

甲状腺内視鏡手術(VANS)

甲状腺内視鏡手術(VANS)

通常の甲状腺手術の手術後の傷

通常の甲状腺手術の手術後の傷
※ご本人の承諾を得て掲載しています

甲状腺内視鏡手術の手術後の傷(術後半年)

甲状腺内視鏡手術の手術後の傷(術後半年)
※ご本人の承諾を得て掲載しています

術後出血や反回神経麻痺等の合併症頻度は通常の甲状腺手術とかわりません。また、神経モニタリング装置を導入し、より安全に手術が可能となりました。

適応は、良性腫瘍、バセドウ病、早期の甲状腺癌等ですが、大きさや状態によりできないこともあります。検査により、内視鏡手術が可能かどうか判断していきますため、ご希望の方はご相談ください。

神経モニタリング装置

当科の治療について

当科の治療については、診療の最前線ページにも詳細を掲載しておりますのでご覧ください。

当院の乳がんの診断 乳腺外来に行ったらどんなことをするの?

「胸腔鏡」の現状

「肺がん完全鏡視下手術」の導入

地域の先生方へ

呼吸器外科・乳腺外科・甲状腺外科外来は毎日です。精密検査可能な乳腺外来は月・木の午後予約制で行っています。地域医療室を通じ、お急ぎの時は直接ご相談いただければ幸いです。当科は呼吸器内科とともに毎週月曜日には呼吸器カンファレンスを行い、緊密な連携を保ち、呼吸器疾患の迅速かつ適切な治療法を検討しています。また、毎月第3月曜日午後7時より地域の先生方と肺癌、呼吸器疾患の診断の勉強会を行っています。ハガキでもご案内していると思いますが、「香川肺がん診断会」です。これは昭和60年ごろより開始し、回数は450回を越え、地域の先生方との勉強会としては当院で最も長期に行われています。内容は月毎のミニ講演と症例検討ですが、症例の相談も随時行っていますので、お気軽に出席していただけたらと思います。

診療の詳細はこちらをご覧ください。[PDF:1.2MB]