日本赤十字社 高松赤十字病院

産婦人科

基本情報

スタッフ紹介

スタッフ名 専門分野 認定医・指導医等

後藤 真樹

第一産婦人科部長 後藤 真樹
婦人科腫瘍、婦人科細胞診 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
母体保護法指定医
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導責任医

佐藤 幸保

第二産婦人科部長
(兼)高度生殖医療センター長
佐藤 幸保
産婦人科(生殖、周産期、腹腔鏡) 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本産婦人学会産婦人科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・暫定指導医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
臨床遺伝専門医(生殖医療に関する遺伝カウンセリング受け入れ可能な臨床遺伝専門医)
日本女性医学学会 女性ヘルスケア暫定指導医

原田 龍介

第一産婦人科副部長 原田 龍介
産婦人科 日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医

医師 森 陽子
産婦人科 日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医

医師 原田 由里子
産婦人科 日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医

医師 山内 綱大
産婦人科

修練医 櫻井 梓
産婦人科 日本内科学会認定内科医

香西 亜優美

修練医 香西 亜優美
産婦人科

非常勤嘱託医師 原 裕子
産婦人科 日本産科婦人科学会専門医

学会施設認定

  • 日本産科婦人科学会専門医制度に基づく専攻医指導施設(総合型)
  • 日本周産期・新生児医学会周産期専門医制度規定による周産期専門医(母体・胎児)の暫定認定施設(指定認定施設)
  • 日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設
  • 日本女性医学学会専門医制度認定研修施設

概要

高松赤十字病院産婦人科は、産婦人科各分野での医療情報・技術・設備をととのえるとともに、地域の開業医・助産院の先生と協力しながら、いつでも、安心して受診いただけるよう心がけております。

詳細情報

産科

最近、女性の社会進出、女性の晩婚化とともにますます少子化が進み、1人の女性が一生のうちに分娩する子供の数は1.37人と減少し大きな社会問題となっています。女性が仕事をしながら妊娠・分娩し、夫婦で子供を育てていくことは大変なことです。本院産婦人科の分娩数は2017年度で671件でした。早産、妊娠高血圧症候群、子宮内胎児発育不全などの産科的異常、いろいろな病気の合併症を持つ妊婦さんが当科に集まってきます。そのような患者さんの妊娠・分娩管理にあたっては産婦人科以外にも、内科、小児科、栄養課などの共同チームにより総合的に周産期管理をしています。周辺の病院から母体搬送、新生児搬送されることも多く、24時間いつでも産科、小児科のスタッフがすぐ集まれるような体制がとられています。

このような総合病院の利点を生かした高度な周産期管理とは別に、助産師を中心とする3回にわたる母親学級を、産科、小児科医師、栄養士も参加して開催しています。実際に楽しく体験しながら妊娠・分娩について学習・理解を深め、わからないことについては気軽に質問していただいております。そして患者さんの不安・心配を解消し、生まれてくる赤ちゃんに対して母性の意識を高めることにつとめています。特に3回目の両親学級には最近多数のお父さんになる男性にも参加していただいており、夫婦で分娩・育児する点はすばらしいことだと感じております。

当院でのお産について

当院では安心して出産に望めるようにマタニティクラスを開催しています。また、妊娠中から母乳についてのご相談や、分娩についてのご希望など、出産にあたっての様々な心配ごと、不安の解消にも努めています。妊娠後期にはバースプランをおうかがいし、満足の行く出産となるよう取り組んでいます。お産は、自然分娩を中心としており母子のスキンシップを大切にしています。薬剤などは基本的に使用せず、医療上必要な時にも使用します。産科医師は当直制をとっています。お産のときは必ず産婦人科医師が立ち会いますが、外来で診察を受けている医師と異なる場合があります。必要に応じて小児科医師が立ち会うこともあります。希望される方には、夫立ち会い分娩を行っています。元気な赤ちゃんを出産できるようにスタッフ全員でお手伝いさせていただきます。看護部では、助産師による助産師外来を始め、母乳外来、マタニティクラスなど行っています。詳しくは、マタニティクラス助産師による外来のページをご覧ください。

陣痛、分娩を病室で行えるLDRも整備しています。
陣痛、分娩を病室で行えるLDRも整備しています。

面会時間

  • 14:00-19:00
    小学生以下のお子様は、院内感染防止のため、病室への面会はご遠慮ください。デイルームでの面会をお願いします。

母子同室について

当院では、産後赤ちゃんと一緒に過ごす母子同室を行っています。赤ちゃんと一緒に過ごすことで、授乳以外の時間の赤ちゃんの生活を知ることができます。

「泣いたらどうするの?」「お乳を飲んでも眠らない」などの疑問や心配ごとが少しでもなくなり、ご自宅へ帰ってからの育児の自信につながります。赤ちゃんが泣いてお乳を欲しがったら飲ませ、赤ちゃんが眠ったらお母さんも眠る・・・これが赤ちゃんにもお母さんにもやさしい生活リズムです。

お母さんと赤ちゃんの状態によっては母子同室でない場合もありますが、すべてのお母さんと赤ちゃんにより良い生活を送っていただけるよう、スタッフ全員で応援しています。

里帰り分娩について

里帰りのお産をお受けしています。
里帰りの時期については、現在妊婦健診を受けられている医師の指示を受けてください。
おかわりなければ、32週から33週をめどに帰省してください。

持ってきてほしいもの

  1. 保険証
  2. 母子健康手帳
  3. 通院していた病院からの紹介状
  4. 当院の診察券(もっている方のみ)

受付

午前中の診察でお越しください。
月曜日から金曜日(祝祭日を除く)11時まで

  • 新患受付 8:00-11:00
  • 再来自動受付機 8:00-11:00
  • 診察の始まり 8:45

新患の方、再来の方の受付については外来受診の手続きをご覧ください。

2010年9月より、他県の「妊婦一般健康診査受診票」もお取り扱いしています。但し、還付制度のある市町村の方については、一旦病院窓口で会計をお願いします。

出産や里帰り分娩に関するQ&A

感染症

最近、梅毒・淋病・クラミジアなどの性交による感染症は増加傾向にあるようです。これらの感染症は治療により比較的容易に治るため、心配なときには早めに外来受診することをお勧めします。あまり悪化すると化膿し腹膜炎のために手術が必要になったり、不妊症・子宮外妊娠の原因となることもあるようです。

良性腫瘍

子宮腔内子宮筋腫・ポリープ、卵巣腫瘍(良性)、子宮外妊娠などの場合、従来の開腹手術より患者さまへの侵襲・負担の少ない腹腔鏡・子宮鏡下に行われる内視鏡手術を積極的に行っています。内視鏡手術は手術後の回復も早く、手術後1~4日程度で退院できます。退院後は療養することなくすぐに仕事へも復帰可能です。

悪性腫瘍

最近、子宮頚癌は減少傾向にあるようですが、卵巣癌、子宮体癌は増加傾向にあるようです。悪性腫瘍は早期発見することにより手術で治癒することが大事であり、そのためには定期的な癌検診が必要となります。婦人科の悪性腫瘍は抗癌剤による化学療法、放射線治療による治療効果が比較的高く、ある程度病気が進行した場合でも手術・抗癌剤・放射線による集学的治療が行われます。治療の方法については、患者さまのquality of life(生活の質)の向上を第一と考え、患者さま本人・家族とよく相談して決めております。
また、妊娠を希望される若年者の子宮癌の症例に対しては、レーザー切除などの子宮温存手術も積極的に施行しております。

子宮体がんに対する腹腔鏡下手術、ロボット支援腹腔鏡下手術

当科では、これまでも子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症といった良性疾患(がん以外の疾患)に対しては、従来の開腹手術より患者さんへの身体的負担の少ない腹腔鏡下手術を積極的に行ってきました。2019年2月に子宮体がんに対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の実施にかかる施設認定を取得し、今後は婦人科悪性疾患に対しても、できるかぎり腹腔鏡下に手術を行っていく予定であります。また当院の泌尿器科や外科ではすでに導入が進んでいる手術支援ロボット「ダヴィンチ」を用いたロボット支援腹腔鏡下手術についても、2名(佐藤幸保、原田龍介)が手術資格を取得いたしました。ロボットを併用することでより正確で細やかな作業が可能になるとされており、これまで腹腔鏡のみでは実施が困難であった症例についても積極的にロボット支援による腹腔鏡下手術を実施していく予定です。ロボット支援の有無にかかわらず、すべての腹腔鏡手術は保険診療の範囲内で行います。患者さんに過剰な経済的負担を強いることはありませんので、ご安心ください。

2018年臨床統計実績(2018年1月1日〜12月31日)

周産期治療実績

  • 総分娩数:676例
  • 早産:35例(全体の5.2%)
  • 帝王切開術:136例(全体の20.1%)
    (うち緊急帝王切開術39例)
  • 妊娠高血圧症候群:27例
  • 双胎妊娠:9例
  • 妊娠糖尿病:18例
  • 糖尿病合併妊娠:6例
  • 前置胎盤:7例
  • 常位胎盤早期剥離:4例

手術実績

開腹手術 広汎性子宮全摘出術 3例
準広汎性子宮全摘出術 3例
単純子宮全摘出術 57例
子宮筋腫核出術 8例
付属器切除術 6例
卵巣嚢腫切除術 6例
腟式手術 腟式単純子宮全摘出術 3例
子宮頸管縫縮術 9例
子宮頸部円錐切除術 43例
子宮頸部レーザー蒸散術 13例
腹腔鏡下手術 子宮全摘出術 21例
付属器切除術 34例
卵巣嚢腫切除術 25例
卵管切除術 7例
子宮鏡下手術 10例

2018年悪性腫瘍進行期別治療症例数(境界悪性腫瘍は除く)(2018年1月1日~12月31日)

子宮がん 子宮頸癌 ⅠA1期 5例
ⅠA2期 1例
ⅠB1期 1例
ⅡA2期 1例
ⅡB期 2例
子宮体癌 ⅠA期 10例
ⅠB期 3例
卵巣がん ⅠA1期 3例
ⅠC2期 2例
ⅠC3期 2例
ⅡC期 1例
ⅥA期 2例
ⅣB期 1例

高度生殖医療センター(不妊治療)

高度生殖医療センター(不妊治療)

地域の先生方へ

当科は正常妊娠・分娩はもちろんのこと、小児科と密に連携し地域周産期母子医療センターとしての切迫早産、早産、内科疾患合併妊婦などのハイリスク妊娠、分娩にも対応しています。また、日本婦人科腫瘍学会専門医制度修練施設にも認定されており、標準治療を行っています。さらに、腹腔鏡下子宮全摘術(TLH)も行っております。
病病連携、病診連携を今後ともよろしくお願い申し上げます。

診療の詳細はこちらをご覧ください。[PDF:905KB]