病院概要

ホーム病院概要部門紹介 › 薬剤部

薬剤部

薬剤部の理念

患者さんに安全で有効な薬物療法を提供する

薬剤部の目標

  1. 医薬品に関するインシデントの撲滅
  2. 薬剤管理指導の完全実施
  3. 退院時薬剤情報管理指導の完全実施
  4. シームレスな病棟薬剤業務の実施
  5. 薬・薬連携の強化
  6. 長期実務実習の充実
  7. 積極的な学会発表
  8. 専門・認定薬剤師の資格取得

スタッフ紹介

薬剤師人数 26人(2019年5月現在)

専門・認定薬剤師など主な資格取得者一覧(2019年5月現在)

学会等団体名 名称 人数
日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師 3名
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 2名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター 漢方・生薬認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター 小児薬物療法認定薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 4名
日本薬剤師研修センター 認定薬剤師 9名
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 1名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 1名
日本糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士 1名
日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム(NST)専門療法士 1名
日本腎臓学会
日本腎不全看護学会
日本栄養士会
日本腎臓病薬物療法学会
腎臓病療養指導士 1名
日本高血圧学会
日本循環器病予防学会
日本動脈硬化学会
高血圧・循環器病予防療養指導士 1名

業務内容

調剤業務

  • 電子カルテシステムにより医師が処方した処方せんに基づき調剤を行なっています。
    患者さんの状況に応じて、薬剤の一包化や簡易懸濁・粉砕にも対応するなど、最適な調剤を行っています。
  • 院内処方は、入院患者さんのお薬が主です。
    薬剤師が、薬歴のチェックも行いながら、薬の量、使い方、相互作用などを確認しています。複数の診療科を受診されている方などの飲み合わせのチェックも行っています。
  • 外来の患者さんのお薬は、原則院外処方せんとなりますが、特別な管理が必要な薬剤、検査のための薬剤、院内製剤などが処方された時は院内で調剤を行います。
    治験中の患者さんのお薬の飲み合わせのチェックも行っています。

錠剤の調剤

錠剤の調剤

水剤の調剤(水剤鑑査システムを導入)

水剤の調剤(水剤鑑査システムを導入)

散剤の調剤(散剤鑑査システムを導入)

散剤の調剤(散剤鑑査システムを導入)

散剤分包機とバーコードオンラインシステム

散剤分包機とバーコードオンラインシステム

このページの先頭へ

注射業務

  • 病院内で使用する注射薬の適正な数量を在庫し、病棟、手術室、救急室など各部署への供給を行います。
  • 入院患者さんの注射処方せんの内容(投与量、投与経路、投与速度、配合変化など)を鑑査し、患者さんごとに注射カートに準備し病棟へ搬送しています。
  • 注射薬の取り揃えはピッキングマシンが行います。処方内容のバーコードを印刷したラベル、処方せんを発行して、誤投与がないよう安全対策をとっています。
  • 化学療法を受けられる患者さんのレジメン、投与量を鑑査し患者さんごとに準備します。

ピッキングマシンと注射カート

ピッキングマシンと注射カート

ピッキングマシンと注射カート

このページの先頭へ

無菌調製業務

抗がん剤の無菌調製

  • 外来・入院で化学療法を受けられる患者さんの抗がん剤の投与量をレジメンに基づいて事前確認を行い、無菌調製をしています。

高カロリー輸液の無菌調製

  • 入院患者さんの高カロリー輸液の無菌調製をしています。

安全キャビネット

安全キャビネット

安全キャビネット内での無菌調製の様子

安全キャビネット内での無菌調製の様子

このページの先頭へ

製剤業務

製剤室では、院内製剤(散剤・軟膏の予製剤、特殊製剤)の調製と消毒薬等の払い出しを行なっています。

院内製剤とは、患者さんの病態やニーズに対応するために、医師の依頼により病院内で薬剤師が調製し、当院の患者さんに限って用いられる製剤のことです。

予製剤

  • 調剤業務を円滑に行なうために、よく使われる散剤や軟膏を予め調製します。

特殊製剤

  • 市販の医薬品では個々の患者さんのニーズに対応できない場合があります。そのような場合には、患者さんに合わせてお薬を調製します。

このページの先頭へ

薬剤管理指導業務・病棟薬剤業務

当院では、各病棟に専任の薬剤師を配置しています。

病棟薬剤師は、医師・看護師など他の医療スタッフと連携して医薬品の適正使用に取り組んでいます。

病棟薬剤業務

病棟薬剤師は入院患者さんが入院前に使用していた医療用医薬品・市販薬・健康食品の内容や、副作用歴、アレルギー歴などを把握し、服薬計画を医師に提案しています。投与前に処方薬の相互作用の有無の確認をおこない、特に安全管理が必要な医薬品については患者さんに説明をおこないます。流量又は投与量の計算等が必要な医薬品の投与にあたっては、投与前に薬剤師が計算等を実施しています。また、インターネットを 通じて常に最新の医薬品緊急安全性情報、医薬品・医療機器等安全性情報、医薬品・医療機器等の回収等の医薬品情報の収集を行うとともに、病棟カンファレンスなどで医療スタッフへ周知しています。

薬剤管理指導業務

病棟薬剤師は入院患者さんに投与されている薬剤の投与量、投与方法、投与速度、相互作用、重複投薬、配合変化、配合禁忌などの確認と、患者さんの状態の確認をおこない、薬剤の効果や副作用等に関する状況把握をおこなっています。また、患者さんのベッドサイドに伺い服用薬の説明や薬剤に関する相談の対応をおこない、退院時にはお薬手帳を用いて保険薬局と連携をはかっています。

このページの先頭へ

医薬品情報管理業務

薬を有効かつ安全に使用するために、医薬品に関する様々な情報を収集、評価、整理保管しています。
また、これらの情報を薬剤部内や医師、看護師等の他の医療従事者、患者さんに提供しています。

主な仕事

  • 医師や看護師、病棟薬剤師等からの医薬品に関する問い合わせへの対応
  • 厚生労働省や製薬企業などから発表される重要な医薬品に関する情報(安全性情報や回収情報など)の院内への周知
  • 院内で起きた副作用情報の収集と、厚生労働省や製薬会社への報告
  • 薬剤審査委員会や治験審査委員会の主催
  • 病棟薬剤師と連携のためのカンファレンスの開催(週2回)
  • 病院で使用する医薬品の電子カルテへの入力とメンテナンス
  • 薬剤部ホームページの運用

医薬品情報室
医薬品情報室

チーム医療への参画

医師、看護師、その他医療スタッフとともに各診療科で行なわれるカンファレンスや病棟回診、各種委員会などに参加して薬剤師として薬学的な観点から提言し、医療の質の向上に貢献しています。

主な活動内容

1.外来化学療法室
  • 外来化学療法は、がんの治療効果を維持し、患者さんがこれまで送ってきた生活をできる限り継続しながら、外来で治療をすること、を目的としています。
  • QOL(Quality of life:生活の質)を保ちながら治療を続けるためには、副作用のコントロールが重要です。
  • 外来化学療法室では、がん薬物療法認定薬剤師が常駐し、副作用のモニタリング、支持療法調整、抗がん剤治療のオリエンテーションなど、患者さんのサポートを行っています。

外来化学療法室

外来化学療法室

薬剤師による患者サポート

薬剤師による患者サポート

2.感染対策室

平成13年よりICT(院内感染対策チーム)の一員として、感染予防に関わる活動を行っています。平成30年「今ある抗菌薬を大切に、長く使えるように」という世界的な取り組みの一つとして、当院でもAST(抗菌薬適正使用支援チーム)が発足しました。ASTでは、薬剤師を中心に、医師や看護師、臨床検査技師と協力して、一人一人の患者さんの抗菌薬のよりよい使い方を提案するなど、治療のサポートを行っています。

3.栄養サポートチーム(NST)

医師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師などと共に毎週病棟ラウンドを行い、薬学的な観点から、患者さん個々に応じた経静脈、経腸栄養剤の使用に関する提案を行っています。また、コアメンバーとして、月1回のランチタイムミーティングの運営や講師を勤めたり、月2回のコアスタッフミーティングへ参加したりしています。また、各種マニュアルの更新、NSTニュースの発行なども行っています。

4.緩和ケアチーム

当院では、コンサルテーション型の緩和ケアチームが活動しています。チームの薬剤師は、ラウンドやカンファレンスでの患者の状態に合わせた適切な薬物療法の提案、疼痛マニュアル・オピオイド換算表などの院内ツールの作成、緩和薬物療法に関するスタッフ教育、医療用麻薬を使用する患者の支援などを行っています。

5.認知症ケアチーム

当院では、2016年の4月に認知症ケアチームが発足しました。医師、看護師、社会福祉士、理学療法士、作業療法士などと共に、週1回のカンファレンスと病棟ラウンドを行っています。患者さんの認知症症状の悪化を予防し、身体疾患の治療を円滑に受けられるよう、薬剤に関する情報提供、副作用症状の確認などを行っています。

6.糖尿病教室

月1回開催される糖尿病教育入院(糖尿病教室)では、薬剤師は薬物療法の講義や服薬指導を行ない、正しい知識を持ってもらえるよう患者さんを支援しています。また、医師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師と共にカンファレンスを行い患者さんの治療をサポートしています。

7.腎臓病教室

腎臓病の患者さんとその家族を対象に腎臓病の基礎知識や日常生活の注意点などを知っていただくため、年2回腎臓病教室で、医師、看護師、管理栄養士と共に講義を行っています。薬剤師は腎臓病の治療薬について薬の効果や服用するときの注意点、副作用などをお話しています。

おくすり相談コーナー

患者さんからのお薬に関する問い合わせの対応や、特別な管理が必要な薬剤の服薬管理、院外処方せんも含めた外来患者さんの吸入指導などを行っています。

このページの先頭へ